« 「壊れた自我の補助具」 上野千鶴子  朝日新聞 | トップページ | 1000年満月 »

2018年11月19日 (月)

『鋼』 平山公一歌集 いりの舎

歌集題の『鋼』は、〈はがね〉ではなく〈かう(旧仮名遣い)〉である。

「長く製鉄会社に勤務したこともあって」と、その理由を「あとがき」に

記している。著者の第二歌集。

    膝が触れる肩が押される鞄が当たる 窓枠押さへラッシュに耐ふる

    千二百キロ離れて夜を共にするひと時のために聴くヴィヴァルディ

    会社の名前ニュースに出たよお父さん仕事はあるのと娘問ひくる

    月二日の一時帰休は二日間の失業なると子等には言はず

    忘るるとは心なくすこと忘れずして生きてはゆけぬ澱だけ残し

    休日の予定は歌会ばかりなり妻の小言を背(せな)に受けつつ

    二万五千労働者と一万の警察が対峙の日あり貯炭場(ホッパー)を

    めぐり

    東京のミンミン蟬は哀しくて息尽きるごと鳴き止みにけり

    書き直し書き直し書くふるさとの両親への便り「土地を買ひました」

    五十二歳の退職届自らの意志のごとくに書かされてゐる


善良な、極めて真面目な、日本の、一市民の、サラリーマンの、

哀歓のこもる一集である。

「身辺詠」と言う時、少なからず揶揄の思いも含まれたりするが、その

身辺詠こそが著者の〈生〉を如実にあらわしているとも思う。

生きるとは、一日一日の積み重ねなのだ。


3人の子どもの成長に一喜一憂し、出向や転籍に耐えながら家族を

護ってきたのだ。


7首目の歌は、「三池閉山」の章の一首。

9首目の歌を読んだ時、わたしは涙が零れた。

「がんばったねぇ」と、その両親ならきつと言うに違いない。


本集の特徴は全歌にナンバーが振られている。

482から最後の歌が952番。前歌集は481首収めていたのだろう。

巻末に全歌の初出一覧まで設けてあり、かなりの念の入れようである。

このような試みを拝見すると、歌集に対する愛着のほどが伝わってくる。

                         2018年9月25日発行

                         2500円+税

cat           cat

16:15  窓の向こうの高架橋をピンク色の新幹線が走って行った。

なに、なに、なんなの ?

初めて見た新幹線のカラー。

500系 ハローキテイ らしい ?

南福岡駅の操車場から博多駅まで走ったのかしらん。

なんだか夢のある色だった。

 

« 「壊れた自我の補助具」 上野千鶴子  朝日新聞 | トップページ | 1000年満月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/74629268

この記事へのトラックバック一覧です: 『鋼』 平山公一歌集 いりの舎:

« 「壊れた自我の補助具」 上野千鶴子  朝日新聞 | トップページ | 1000年満月 »