« 文学批評『敍説』Ⅲ 15 花書院  | トップページ | 季節の便り⑱ 飛梅、三分咲き ? »

2019年1月16日 (水)

新年歌会&歌合せ

毎年恒例の新年歌会を、ホテル×××‥‥にて。

13名出席。着物姿の人2名。(やっぱり着物は素敵。)

11時から15時過ぎまで。

1時間、短歌のおべんきょうをして、

会食の前にHさん(男性)がお謡いを。「草子洗小町(そうしあらいこまち)」。

朗朗たる声に聴き惚れる。


会食は、インスタ映えする盛り付け。

母娘で参加したMさんの娘さんの方がパチリパチリと写していられた。

(あ、パチリなんて音はしないんだ。)


生湯葉・無花果胡麻豆腐・合鴨の椒煮・間八の刺身・生サーモン・

烏賊褄一式などの籠膳盛り合わせの綺麗なこと。

お謡いをなさったHさんが日本酒を所望(笑)なさったので、お相伴する。
(わたしの方が飲んだみたいだ…)


会食のあとは歌合せ。

と、いってもわたしたちは左方・右方にわかれて歌の優劣を競うなんて、

そんな大それたことはできない。邪道であるが(ゲーム感覚・お遊び(笑))で、

籤引きをして、上の句を詠む人、下の句を詠む人にわけ、

それぞれのパートナーと1首に仕立てる形式。


みなさん、新年らしい、お正月らしい歌を出されていて、ここでも性格が

出るというか、みんな真面目(笑)。

できあがったところで、拍手の大きさで決まった1位は下記。

      今年こそ今年こそとて努力せず    Tさん

      睦月半ばの風暖かし           Sさん

上の句を詠んだTさんは、私の義母(2015年亡くなった)と同年齢。

「努力せず」と言い放つところが好き。だって生きてるだけでご褒美もの。

TさんもSさんもちっとも年齢を感じさせない、お洒落さん。



いいお日和の新年会だった。

« 文学批評『敍説』Ⅲ 15 花書院  | トップページ | 季節の便り⑱ 飛梅、三分咲き ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年歌会&歌合せ:

« 文学批評『敍説』Ⅲ 15 花書院  | トップページ | 季節の便り⑱ 飛梅、三分咲き ? »