« 『怨歌集』 石田比呂志 | トップページ | 『谺せよ』 多田薫句集 花乱社 »

2019年2月25日 (月)

歌集『歳月はかへらず』星河安友子  不識書院

1999年から2018年までの作品を収めた第三歌集。

「未来」会員。


   帰るなき歳月ありて浮かびくる一本脚に立てる白鷺

   家族とふあかりあまたの夜の街この世のことか彼の世のごとし

   昨日(きのふ)出来今日なせざるを老いとよぶ 医師言ふ老いをわれは

   得にけり

   半世紀経て咲くあをの龍舌蘭われにもあれよ裡(うち)に黄の花

   今生は仮住みなりき 一つ目のルドンの嵐吹き荒ぶなり

   花野翔ぶあきつの翅やきやうだいの絆といふはうらさびしけれ

   生きめやもいざ生きめやも白梅の花の香ぞする暁の風

   「母さん」とわが身呼ばるることのなき一生もまなく終はりてゆかむ

   かうして死んでゆくのだらうか夜の道を家族なき身の運ばれて行く

   家族なきわれは白樺 病院のベッドに一樹倒されしまま



1976年、「未来」に入会したわたしは、当時散文などでも誌上で活躍していた

星河安友子さんに注目した。一方的なファンであったともいえる。星河さんの

みずみずしい歌に惹かれた。


彼女の第一歌集『青葦のパレット』は、何度も何度も読み込んだ。

歌集評らしきものを書こうと思いたち、試みたのだが、当時の編集長の

田井安曇さんから書き直しを命じられた ? のか、自分で挫折したのか、

とうとうその歌集評は誌上に掲載されることはなかった。


このたびの『歳月かへらず』を手にした時に真っ先にそのことが思い出

された。

ほんとうに〈歳月〉は〈かへらず〉である。

「家族なきわれ」という言葉の重さ、せつなさ。

そして、病む身をいかんともしがたく、日々を送っている星河さん。

今のわたしにはかける言葉が見つからない。


折りにふれ、お手紙を下さり、彼女お手製のブローチなどもいただいた。

そのやさしさを思い出したりしている。

このたびもまた歌集評になっていなくて、ごめんなさい。



                         2019年1月11日発行

                           2700円+税

     

本日(25日)届いた角川『短歌』3月号の巻頭作品28首。

小池光さんの「鯉盗人」の作品中に、下記の歌があり、驚いた。

そして、とてもとても嬉しくなった。


   なまへのみ知る人なれどいただきし星河安友子歌集は

   よき歌ぞある



星河さんには、お礼状を朝早く投函したあとなので、この喜びを伝える

ことができなかった。

 

« 『怨歌集』 石田比呂志 | トップページ | 『谺せよ』 多田薫句集 花乱社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『歳月はかへらず』星河安友子  不識書院:

« 『怨歌集』 石田比呂志 | トップページ | 『谺せよ』 多田薫句集 花乱社 »