« 時評「判断の基準」 寺島博子    「朔日」 2019-2 | トップページ | 歌誌「ぷりずむ」 2019・2 第34号 »

2019年2月 2日 (土)

みんなして春の河馬まで行きましょう

気がつけば、すでに2月。

2月も2日なり。

豆まきの「豆」を昨日買った。

今日は「未来福岡歌会」。

インフルエンザA型が猛威をふるっているので、心配。

Kさんに頼まれた歌集を4冊準備する。

大島史洋の『いらかの世界』と『幽明』。

河野愛子の『光ある中に』と『夜は流れる』。


タイトルの句は、『坪内稔典句集』(ふらんす堂 1992年3月10日)より。


          みんなして春の河馬まで行きましょう

          二月には甘納豆と坂下る


「坂下る」が下降志向 ?  なので、いまのわたしとしては、

          二月には甘納豆と(坂のぼる) ? ? ?

それでは、歌会に行って来ます。

« 時評「判断の基準」 寺島博子    「朔日」 2019-2 | トップページ | 歌誌「ぷりずむ」 2019・2 第34号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなして春の河馬まで行きましょう:

« 時評「判断の基準」 寺島博子    「朔日」 2019-2 | トップページ | 歌誌「ぷりずむ」 2019・2 第34号 »