« 『わたしの秀歌散策』 宮本永子  柊書房 | トップページ | 21 季節の便り  「夢の世と思ひてゐしが辛夷咲く」   能村登四郎 »

2019年3月 9日 (土)

映画「ねことじいちゃん」 監督・岩合光昭

やっぱり観に行きましたよ。

先日、上映時間ギリギリに行ったら満員で入れなかった映画。

そんなに、観る人が多いとは思わなかった。


今回は、ゆったり時間をみて行ったら良い席だった。

立川志の輔の「じいちゃん」は、じいちゃんになりきっていた。

主演は猫の「タマ」。ずんぐりむっくりのタマの歩く姿も、走る姿も、その眼の

動きも、ネコ好きにはたまらない。(笑)


若い医師役の柄本佑は気になる俳優さん。

なんか、惹かれる。これってなんなのだろう。


初監督の岩合光昭さんは、ネコを撮らせたら最高。

ネコ好きのかたも、そうでないかたも、ご覧あれ。


     

映画を観終わって、何気に8階のMARUZENへ。

詩歌コーナーで、「愚かさを持つ全ての人たちへ。」の惹句の帯に

吸い寄せられて、〈お買い上げ〉(笑)してしまった入門書。

『生き抜くための俳句塾』(北大路翼 左右社 2019年3月15日 第一刷発行)



          お月さん俺の遊びは綺麗かい   北大路翼

          
          名言 ?

                      「うまいというのは批判するときに使う。」




          「俺が残せるのは俳句だけだ。

           だったら俺の俳句のすべてをさらけだしてやる。」



          「俳句は作者そのものなんだよ。」



「本書は俺の遺書である。」 と記す。 嗚呼 ! !

 

« 『わたしの秀歌散策』 宮本永子  柊書房 | トップページ | 21 季節の便り  「夢の世と思ひてゐしが辛夷咲く」   能村登四郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ねことじいちゃん」 監督・岩合光昭:

« 『わたしの秀歌散策』 宮本永子  柊書房 | トップページ | 21 季節の便り  「夢の世と思ひてゐしが辛夷咲く」   能村登四郎 »