« 『銀座に生きる』鈴木真砂女 角川文庫クラシックス | トップページ | 映画「金子文子と朴烈」 KBCシネマ »

2019年3月26日 (火)

合同歌集「陽だまり」2号 完成

短歌サークル「陽だまり」の合同歌集2号が出来上がった。


昨年の春1号を出しているので順調な歩みである。などと、わたしが暢気に言うのは口幅ったい。

せめて「メカトジータ」くらいは準備した方がいいかな、などと思っていたら、

Tさんが、すでに用意していて、本日の歌会の前に手分けして作業、完成した。

(わたしは、昨日の続きの文庫などを読んでいたが…(笑))

 



表紙の「陽だまり」は、書道をなさっている Y さんの奥様の字で昨年と同様。すでにロゴ化状態。

カットは絵手紙をなさっているSさんのを昨年同様に起用。

今回は皆さんのエッセイも掲載したので、親しみやすい。

わたしも参加した。エッセイは、久世光彦の『触れもせで』の感想を綴ったのだが……

 

 

« 『銀座に生きる』鈴木真砂女 角川文庫クラシックス | トップページ | 映画「金子文子と朴烈」 KBCシネマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事