« 馬場昭徳歌集『夏の水脈(みを)』 なんぷう堂 | トップページ | 『久保猪之吉・より江 作品集』 福岡市文学館選書 6 »

2019年4月 3日 (水)

季節の便り (22) 一文字ぐるぐる

鹿児島本線が人身事故のため、電車の遅延や快速の運休となり、

3度も乗り換えて、ようよう久留米に。

どうにか遅刻はせずに済んだが、疲れてしまった。

 

Mさんから沢山、分葱をいただいたので「一文字ぐるぐる」に。

筑後出身の連れ合いが懐かしがって食べていた。

分葱の「ぬた」も美味しい筈。明日はマグロの小口切りを入れて「ぬた」にしてみよう。

 

そういえば、筑後平野の田んぼのレンゲソウが咲きはじめていた。

次回には、途中下車して田んぼの畦を歩いてみよう。

 

« 馬場昭徳歌集『夏の水脈(みを)』 なんぷう堂 | トップページ | 『久保猪之吉・より江 作品集』 福岡市文学館選書 6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事