« 山下翔・歌集『温泉』を読む会&出版お祝いの会 | トップページ | 祝 第63回現代歌人協会賞 歌集『温泉』山下翔 »

2019年4月16日 (火)

季節の便り (23) チャンチン(香椿)の新芽

博多駅前でチャンチンの三本の木に気がついた。

このチャンチンは新芽の頃がいちばん美しい。

桃色のうっとりするような色合いは、街中でそこだけほんのりと

光が射しているように見える。

 

14日の日曜日にMさんと天神を歩きながら2本のチャンチンの木に気付き

教えてあげたばかりだ。

パルコの前あたりだったか、その1本の木には根元に、名前のプレートがあった。

「ね、やっぱりチャンチンよ。」などと、わたしは自慢(笑)した。

中国を原産とするセンダン科の落葉高木である。

 

 

今日は天神中央公園を散策。

此処には1本の八重桜がある。みんな気がついているかなぁ。

たぶん「関山」という種類と思うのだが ?

めぐりのソメイヨシノはすでに葉桜だが、それでも残りのはなびらがはらりはらりと散っていた。




家の近くのアサヒビール園の庭にはハナミズキの木が1本ある。

この2・3日のうちに咲きはじめ、ピンク色がカワイイ。

土曜日あたりは見頃かな。🎶

それにしても花季が昨年よりも早いような。

ビール園前の歩道の脇に植え込まれたツツジはすでに咲きはじめている。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 山下翔・歌集『温泉』を読む会&出版お祝いの会 | トップページ | 祝 第63回現代歌人協会賞 歌集『温泉』山下翔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事