« 第五五回 久留米短歌大会 終了・御礼 | トップページ | 『遅速あり』三枝昻之歌集 砂子屋書房 »

2019年5月27日 (月)

仁田峠は霧だった。

朝8時半、家を出て雲仙へ。

温泉に入りに行くのではない、ミヤマキリシマを観たくなり仁田峠へ。

もう花季は過ぎているのではとあやぶまれたが、まだまだ見所満載であった。

標高700メートル以上でしか咲かないというミヤマキリシマ(つつじ)は、花の咲く遅速があり

充分にたのしめた。

 

雲仙ロープウェーは強風のため休止。

深い霧がたちこめ、お隣の普賢岳の全容さえ見えない。

妙見岳展望所まで行くことは出来なかったけど、遊歩道からの眺め、

そしてウグイスの声に心が和んだ。

 

帰路、玉名の高瀬裏川の花しょうぶを観賞。

昨日、久留米の石橋文化センターでも花菖蒲を観たが、

髙瀨裏川の方は、観光用?に、整備されており見物客も多かった。


福岡は雨だったらしいが、道中は曇り空でたいそうな雨にもあわず、まずまずの1日だった。

明日も明後日もお出掛けなのに、こんなに遊んでいて大丈夫か、わたしよ。

 

 

 

« 第五五回 久留米短歌大会 終了・御礼 | トップページ | 『遅速あり』三枝昻之歌集 砂子屋書房 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事