« 『遅速あり』三枝昻之歌集 砂子屋書房 | トップページ | 『えーえんとくちから』笹井宏之 ちくま文庫 »

2019年6月 2日 (日)

第15回 「夕映忌」

花田俊典先生を偲ぶ「夕映忌」が、福津市勝浦のイタリア料理Enzoで開催された。

午後3時にSさんと福間駅にて待ち合わせ。皆さん揃ったところで花田先生のお宅へ。

お庭に咲いていた柏葉あじさいが先ず目についた。

以前よりももっともっとお庭に花が殖えて、今は百合の花季。あちこちに白い大きな百合の花が。

皆さんとレストランのお迎えの車が来る6時まで、ビールを飲みながら談笑。

 

会場は、Enzoの2階のオーシャンビューのお席。

本日は曇り空で夕映えはホントに絶望的だったのに、な、なんとしたことか、午後7時10分、

真っ赤な太陽が雲間より姿を見せ、みんな立ち上がって拍手。

テラスに出て、写真を撮ったり、しばし、食事を中断。

こんなことって、あるんだ、ホントに。

真っ赤な夕日は、幻みたいでもあった。

 

       花田先生のシャレた演出‥‥ Mさん

       15回忌 夕映 ひかり凪 とてもいい夕映でしたね Nさん

       恥ずかしがりやの夕映でした。 Nさん

       今年も思い出になる会でした。 Sさん

       70㎏ ?  90㎏ ?    長男君

       今年古希になります      Nさん

 

 

等々、寄せ書きをしてくださった皆様、ありがとうございました。

(お名前だけのかたの署名は掲載を割愛しました。)

 

追記 長男君の「70㎏? 90㎏?」の寄せ書きは、彼が筋肉を鍛えて、90㎏まで

   体重を増やすというので、わたしと花田夫人がダメ・ダメ 70㎏にしときなさい、と

   野次ったから‥‥かしら。(笑)

 

 

« 『遅速あり』三枝昻之歌集 砂子屋書房 | トップページ | 『えーえんとくちから』笹井宏之 ちくま文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事