« 『えーえんとくちから』笹井宏之 ちくま文庫 | トップページ | 歌集『寒椿』林ひかる 株式会社 GC »

2019年6月 9日 (日)

映画「長いお別れ」 監督 中野量太

2007年より2013年冬頃までの一家族の物語。

父親(山崎努)、その妻・母親(松原智恵子)、長女(竹内結子)、次女(蒼井優)が

好演している。ことに父親役の山崎努は細かいところまで認知症役を演じていて見事。

 

父の70歳の誕生パーティを、母の提案で家族揃ってお祝いをしようというところから物語は

始まるのだが、長女はアメリカ暮らし、次女は仕事も恋もうまくゆかず、悩んでいる。

そんな中、どうにか都合をつけて揃ったが、母の口から父の認知症の症状のことが告げられる。

 

父は中学校の校長も務めたほどの教育者、書斎ではいつも本を読んでいる。

ある日は句集か。「万緑の中や吾子の歯生え初むる」草田男の句が出てきた。

『相対性理論』などの厳めしい読書も。しかし本を逆さまにして読んでいる。

父は時々「帰る」と言って家を出ていく。

帰るってどこに? 「ここがあなたのおうちよ」

 

家族とは、生きるとは、そして、介護の問題など、含みの多くある映画であった。

「長いお別れ」とは、少しずつ記憶をなくし、忘れていくことからの謂でもある。

 

          この頃はね、いろんなことが遠いんだよね。

          遠いっていうのは、さみしいんだよね。

 

こんな科白が耳から離れない。

 

 

☆   ☆   ☆

つれあいを奮励 ? するために、大分からMさんが(大学時代の友人)来福した。

わざわざ会いに来てくれたこと、感謝の思いでいっぱい。

 

                     

 

« 『えーえんとくちから』笹井宏之 ちくま文庫 | トップページ | 歌集『寒椿』林ひかる 株式会社 GC »

映画・テレビ」カテゴリの記事