« 『ランティエ』2019年7月号 角川春樹事務所 | トップページ | 『ザべリオ』大口玲子歌集 青磁社 »

2019年6月17日 (月)

『クジャ幻視行』 崎山 多美  花書院

初出は「すばる」2006年1月号より2008年3月号に掲載された8篇が収められている。

いずれも「基地のマチ」としての「シマ」が下敷きにある。

文中の「シマコトバ」が理解し難い面もあるが、前後の文脈から意味は想像出来る。

何よりそのシマコトバが生き生きと描かれ、音楽性?がある。



「ピンギヒラ坂夜行」の主人公のピサラ・アンガは「視る」だけでなく、「聴くヒト」

であった。フツーのヒトにはどんなに耳を澄ませても聴くことの出来ない声を聴いて

しまう。しかし、立場が逆転し、尼僧の女から問い詰められる。

 

    思い出したくない事を記憶から追い出してしまうことさ。忘れてしまいたい

    ことを忘れたりしているうちに本当に忘れてしまうことよ。うまくいけば

    とりあえずは楽になるからね。でも、さ アンガ、ずーっと忘れたままって

    わけにはいかないんだよ‥‥‥。

 

アンガは思い出すことが出来なかった。このウガンは失敗したのだ。

アンガは木を攀じ登り、意外な結末が……




                   装本 石原 一慶

                  2017年6月2日 初版発行

                     1500円+税

                  

ーーー --- ---

著者・崎山多美は、沖縄県西表島に生れた経歴を持つ。

その小説やエッセイは沖縄を舞台にしたものが多い。

そういえば、砂子屋書房より『くりかえしがえし』を出版。

エッセイ集も2冊『南島小景』と『コトバの生まれる場所』が出ている。

 

« 『ランティエ』2019年7月号 角川春樹事務所 | トップページ | 『ザべリオ』大口玲子歌集 青磁社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事