« 『図書』2019年9月号 岩波書店 | トップページ | 『犬が見ている』岡部隆志句集  ふらんす堂 »

2019年9月17日 (火)

真玉(またま)海岸の夕陽 「日本の夕陽百選」

墓参を兼ねて故郷へ。

T ちゃんの運転で墓参の後、夕陽をみるために海岸の方へドライブ。

すでに真玉海岸には大勢の人たちが夕陽を待っていた。

まだ、時間がありそうなので、ちょっと先の粟嶋公園へ。

ここは「恋叶ロード」などと銘打って若い人たちがよく訪れる所。

見晴らしが実に良い。崖の下には大きな海が広がる。遥か向こうに水平線が。

 

真玉海岸に戻り、夕陽を待つ。

みな思い思いのところで太陽の落ちてゆくのを待っている。

そう、2・30人以上の人たちが海からの涼風に吹かれながら。

ここの海岸は遠浅の干潟が美しい模様を描くことで有名。

夕焼けにその干潟が染まり、干潟と干潟の間の海面に夕焼けが映る。

 

真玉海岸は「日本の夕陽百選」に選ばれている。

わが故郷の自慢(笑)したい場所の一つでもある。

暮れてゆく干潟で遊ぶ人たちもちらほら居てその姿がシルエットに

なるのもロマンチック。幻想的な風景である。

 

Kさんの庭に咲いていたフィソステギア(角虎の尾)を沢山頂いて帰る。

よき休日であったことよ。

これからの多少の苦難も乗り越えられそう……

 

« 『図書』2019年9月号 岩波書店 | トップページ | 『犬が見ている』岡部隆志句集  ふらんす堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事