« 『愛の顚末』梯久美子 文春文庫  | トップページ | 映画「つつんで、ひらいて」監督・編集・撮影             広瀬奈々子 »

2020年3月29日 (日)

討論『三島由紀夫VS.東大全共闘』新潮社

亡くなった彼の書棚を眺めていたら、背表紙の三島由紀夫の名前が目に

飛び込んできた。

『三島由紀夫VS.東大全共闘』《美と共同体と東大闘争》(1969年6月)、

『尚武のこころ』三島由紀夫対談集 (日本教文社 昭和45年9月)の2冊。

 

わたしは彼が昔日読んだであろう書をおそるおそる繙く。

14・5歳の少年がこの書が出た頃に買ったのではないだろう。

たぶん、大学生の頃に古本屋で買ったものではないかと思った。

やはり、そうだった。「古書の葦書房」(現在・閉店?)のロゴマークが

貼られていた。

 

1969年5月13日、東京大学教養部900番教室での東大全共闘との討論が

収められている。彼が引いたであろうラインのある個所を読む。

      

    (略)お互いの意思によって愛するというのは本当は愛のエロティシズム

     の形じゃない。相手が意思を封鎖されている。相手が主体的な動作を

     起せない、そういう状況が一番ワイセツで、一番エロティシズムに

     訴えるのだ。これが人間が人間に対して持っている(注ー性的)関係の

     根源的なものじゃないかと思います。

      そして諸君がいらだっているのは相手の意思であって、相手の存在じゃ

     ないのです。(略)

 

この書を携えて、わたしは27日、映画「三島由紀夫VS,東大全共闘」を観に行った。

中州大洋のわたしが観た回では、観客は10人もいただろうか。

彼だったらきっと観るに違いない、の確信のもとに来たのだが。

 

三島由紀夫の語りは、丁寧で、礼儀正しく、そして、パッションがびしびし伝わって

きた。今では考えられないタバコの煙の立ち込める中での2時間25分に及ぶ討論。

討論は、「他者の存在とは」・「自然対人間」・「〈過去・現在・未来〉」など多岐に

わたっている。

 

     (略)言葉は言葉を呼んで、翼をもってこの部屋の中を飛び廻ったんです。

      この言霊がどっかにどんなふうに残るか知りませんが、私がその言葉を、

      言霊をとにかくここに残して私は去っていきます。そして私は諸君の

      熱情は信じます。これだけは信じます。ほかのものは一切信じないと

      しても、これだけは信じるということはわかっていただきたい。

 

最後の三島由紀夫のことばは泣きたくなるような素晴らしいものであった。

45歳で自決してしまった三島由紀夫。「行動」することによって「自決」の

道を選ばざるを得なかった三島由紀夫。

 

わたしには、政治も変革も、理解できないことばかりだが、

三島由紀夫のあの熱い思いが、かなしかった。

 

彼が生きていたら、彼がこの映画を観たら、なんというのだろうか。

 

 

 

 

      

               

 

    

 

     

« 『愛の顚末』梯久美子 文春文庫  | トップページ | 映画「つつんで、ひらいて」監督・編集・撮影             広瀬奈々子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事