« 『短章集 蝶のめいてい/流れる髪』永瀬清子   詩の森文庫 | トップページ | 「福島泰樹+龍 曇天を歌う」1982・9・5 »

2020年3月 6日 (金)

季節の便り(40) 桜草の花

こぼれ種から芽生えた桜草の花が咲いた。

ピンクの可愛い花色。玄関にその桜草の鉢を置いた。

 

     わがまへにわが日記、且、桜草 久保田万太郎

     これからのこの世のいろに桜草 和知 喜八

 

サクラソウ科サクラ属のこの花は桜に似たかわいらしい花である。

 

昨日は久しぶりに外を歩いた。8893歩だった。

外をあるくといろいろな花が目に飛び込んで来る。

オオイヌノフグリ、ホトケノザ、タチツボスミレ、カタバミ等々。

そして、白梅・紅梅・白木蓮、辛夷、沈丁花、連翹、馬酔木の花など、

樹の花も陽射しを受けて耀いている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を案じて、各、教室は3月一杯はお休みに

なってしまった。

さて、この期間にわたしは何をなすべきであろうか。

「積ん読」が少しは解消されるように、読書に励まねば……

 

 

 

 

 

 

 

« 『短章集 蝶のめいてい/流れる髪』永瀬清子   詩の森文庫 | トップページ | 「福島泰樹+龍 曇天を歌う」1982・9・5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事