« 歌集『静電気』橋場悦子 本阿弥書店 | トップページ | 歌集『風と雲雀』富田睦子 角川書店 »

2020年5月11日 (月)

季節の便り(42)ベニバナトチノキの花

蟄居生活で2キロも体重が増えてしまった。

1月の頃のわたしの体重は、あれは何だったのか。

と、いうことで、このところ散歩を習慣づけている。

歩いたら体重が減るのかどうか、わからない。

わからないけど、とにかく歩くことにする。

 

近くの那珂川には、川の右岸と左岸に遊歩道があり、

ここではジョギングする人や、散歩をする人などがいつもいる。

いつも同じコースはつまらないので、ちょっと遠出をする。

博多駅近くの東領公園まで。

ここにはベニバナトチノキが8本ある。

薄い桃色の花が房状の花序を付けている。

ベンチに座ってしばらく眺めていた。

ああ、ことしもベニバナトチノキの花に出会えた。

マロニエと栃ノ木を交配してできたベニバナトチノキは

街路樹としても見られるようになった。

 

毎年、千早中公園の6本のベニバナトチノキを見るのをたのしみに

していたのだが、教室がお休みになってしまって行けないのだ。

西鉄香椎駅前にも10本ほどこのベニバナトチノキは植栽されている。

 

万歩計の歩数は6774を指している。

まぁ、これくらいが丁度いい。

 

 

 

« 歌集『静電気』橋場悦子 本阿弥書店 | トップページ | 歌集『風と雲雀』富田睦子 角川書店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事