« 足立尚彦歌集『冬の向日葵』ミューズ・コーポレーション | トップページ | 第16回 夕映忌(花田俊典忌)   »

2020年5月31日 (日)

『豊旗雲』秋山佐和子歌集  砂子屋書房

2013(平成26)年から2014(平成27)年のほぼ1年間の作品458首を

収めている第8歌集。

膵臓癌のステージⅣだった夫君を看取る1年間の記録でもある。

 

   寒きころ何故に咲くかとダアリアを窓に眺めて夫のつぶやく

   病状を説明しすまないといふ 何ゆゑ詫ぶる妻なる我へ

   きつとそんなことはないから私が守るからさあ食べませう 鍋の蓋取る

   泣きたきとき泣くべし医師の息子言ひ月夜の坂を横切りてゆく

   青年の面影をふと夫に見る体重にはかに減りてゆくらし

   彼岸にて待つ人々の名前いふ夫にうなづくベッドのかたへ

   吾が泣けば夫がもつともかなしむと知るゆゑ枕に頭をかへす

   わたくしは負けないきつとわたくしは 夫の希望を信じ支ふる

   泣きたきはわれより夫と知りながら声あげ泣きぬ離れないでと

   印刷機のインクの補充いま夫にならひておかむメモに書きおく

   これからは馴れぬことばかり増えてゆくさういうことなり生くるといふは

   わたつみの豊旗雲に入日さし くちずさむとき胸処(ど)ひらけり

 

こうして書き写しつつ涙がこぼれてしまった。

同じ病いで夫を亡くしたばかりのわたしには読むのがつらい歌集であった。

たった1年の看病で死ななければならなかったのはどんなに口惜しくせつないことで

あったろう。

日々、書き記した4冊の歌の手帖。1年間に458首の作品。

歌人・秋山佐和子の気丈さが眩しい、せつない、かなしい。

 

それに引き換え、わたしは歌うことさえ憚(はばか)った。

何もかも封印してしまいたい思いであった。

「それから」のことなど、考えられず「そのご」の自身の姿が想像できなかった。

あの1年間のわたしは〈今日〉の〈今〉を送ることで精いっぱいだったような……

 

だが、今も、こうして生きている。

そう、うだうだでもいい、生きていこう、と。

 

 

                    2020年5月5日 初版発行

                       3000円+税

 

 

 

 

  

« 足立尚彦歌集『冬の向日葵』ミューズ・コーポレーション | トップページ | 第16回 夕映忌(花田俊典忌)   »

書籍・雑誌」カテゴリの記事