« 「白馬のゆくえ」 久留米市美術館 | トップページ | 季節の便り(47)カラスウリの花 »

2020年7月16日 (木)

NHK Eテレ 「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」 井上荒野

スマホの目覚ましが22時40分でいきなり鳴り出した昨夜。

何だったのか急には思い出せなかった。

 

ああ、そうだ、今夜は井上荒野さんちの愛猫・松太郎クンがテレビに出るのだった。

テレビの前で待機。

ものを書く荒野さんの傍らにいつもいる松太郎クン。

お二人(夫君も)が揃って松太郎クンを愛している様子がびんびん伝わってくる。

 

長野の別荘?というか、セカンドハウスでの様子が実に豊かに映像にとらえられていた。

食事している時、夫であるかたがさりげなくキッチンに立つ姿。それを止めもしない荒野さん。

この信頼関係というか、キッチンが男女関係なく機能していることが窺えた。

 

「夫婦という謎(なぞ)」

 

20歳の松太郎クンのいのちもさることながら、

「乗り越えるしかない、生きている以上は。」

 

 

 

👀

おっと、いけない出掛ける時間になった。

これから2件の用をして来ます。

 

 

 

 

 

« 「白馬のゆくえ」 久留米市美術館 | トップページ | 季節の便り(47)カラスウリの花 »

映画・テレビ」カテゴリの記事