« TNC西日本文化サークル 香椎教室(短歌)のこと。 | トップページ | 季節の便り(46)夕顔の花 »

2020年7月 5日 (日)

『花和尚独語』大下一真 冬花社

鎌倉瑞泉寺の住職であり、歌人(「まひる野」編集発行人)の四季折々の

自然や、禅僧の日常が綴られている。

 

「第一章 たしなみ」は、讀賣新聞の夕刊に「たしなみ」として2017(平成29)年

4月25日から2019(平成31)年3月12日まで連載した24編。

「第二章 花和尚独語」は、2016(平成28)年1月号から、2017(平成29)年12月号まで

雑誌「短歌往来」に連載した24編。

 

第一章には、「言葉へのマナー」、「時間に対するマナー」、「点心のマナー」

など、教えられることが多々あった。

 

     (略)坊さんを集める時は、平日の友引の日が選ばれる。地域差はある

      ようだが、基本的には友引は火葬場が休みでお葬式はない、よって、

      末寺住職を本寺に呼んでの会議や勉強会では友引を優先し、二日に

      わたる場合には友引の前日(業界用語では友前(ともまえ)という)

      からということになる。     「時間に対するマナー」より

 

法事などゴールデンウィークは避けるかたが多いのも、理由は親戚縁者の旅行などの

ために遠慮して外すとか。(そういえば、わがやの七七忌も納骨も日曜・祭日を外した。)

 

「花和尚」と名付けてくれたのは「心の花」の故・石川一成さん。

鎌倉の瑞泉寺は「花の寺」とも呼ばれているので、そのまんま相応しい。

そして「第二章 花和尚独語」には、四季折々の瑞泉寺の花々が登場する。

花好きのわたしにはたまらない。

挿し芽、挿し木で、連翹、躑躅、五月、金糸梅、木槿などなど増やしたらしいが、

未央柳も挿し木ができるとは知らなかった。

 

軽妙洒脱な文章にくすっと笑い、ついつい先を読みたくなる。そして、

蒙を啓かれることしばしば。

 

上京する機会があったら瑞泉寺を是非訪ねたい。

この足で歩けるうちに、お参りして、その季節のお花を愛でて……

 

 

                    2020年7月2日発行

                     1700円+税

    

 

 

 

« TNC西日本文化サークル 香椎教室(短歌)のこと。 | トップページ | 季節の便り(46)夕顔の花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事