« 季節の便り(50)曜白朝顔が各地に咲いて… | トップページ | 「彼方への記憶」-中野修追悼- 恒成美代子編 »

2020年8月 3日 (月)

映画「劇場」行定勲監督

夢を追う青年と、その青年の夢を支え続けるひたむきな女性の恋の物語。

せつなくて、何度も泣いてしまった。

(夢や野望を持っている男に近づく勿れ…と思わぬでもないが…)

 

原作は又吉直樹の小説『劇場』。

永田(山﨑賢人)と、沙希(松岡茉優)の心の揺れが痛いほど伝わってきた。

沙希のアパートに転がり込んだ永田。

それを受け入れ、どんな時でも包み込む沙希。

「ここがいちばん安全」と。

あんなに包容力のある沙希が「もうわたし27歳よ、まわりのみんな結婚してしまった。」

と訴える。

 

それにしても山﨑賢人の髪型・髭面・着こなしは、これ以上ないくらいはまっていた。

そして、松岡茉優の愛らしさは〈天使〉。

〈天使〉が〈神さま〉に……

 

そういえば、あれって思う人が出演していた。

そう、King Gnu の井口理。実年齢よりおじさんに見えたりしたけど(笑)

 

恋愛中のあなた、恋に憧れているあなたに、ゼッタイお勧めの映画。

いや、年齢に関係なく、この映画は心を浄化してくれそう。

 

 

 

 

 

« 季節の便り(50)曜白朝顔が各地に咲いて… | トップページ | 「彼方への記憶」-中野修追悼- 恒成美代子編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事