« 季節の便り(56)  虫の声と彼岸花 | トップページ | 季節の便り(57) 声は応へず »

2020年9月14日 (月)

歌集『「濱」だ』浜田康敬 角川書店

昭和36年「成人通知」で第7回「角川短歌賞」を受賞した浜田康敬の第6歌集。

 

鮮烈なデビュー作品「成人通知」の世界ははからずも萩原慎一郎の『滑走路』とも

重なる部分があると思うのはわたしだけだろうか。人間の個の内面を凝視め、ピュアな

言葉でうたいあげた作品は、朴訥で、まさに<神話>であった。

 

   語呂短かきゆえに冷たきひびきもつ残業指令に黙しうなずく

   明日の朝は厳しく冷えるうわさして残業休憩の十五分終わる

   残業は日々続きいてポケットに少女の名前の活字秘めつつ

 

過酷な労働に耐えながら、歌の翼は飛翔していた。

 

    元旦に母が犯されたる証し義姉は十月十日の生れ

    豚の交尾終わるまで見て戻り来し我に成人通知来ている

 

さてさて、前置きはこのくらいにして、第六歌集『「濱」だ』なのだが、

歌集題からして奇想天外。帯の惹句がこれまた人を食う ? が如し。

「俺が浜田だ。快刀乱麻の男節 ! 」とは、とは……。

 

    「身の丈の作品なり」と評されてわが歌きょうも身の丈詠う

    死ぬことにさして怖さは感じぬとこの頃思うが死にたくはなし

    息子には会わずもよいがその児たち即ちわれの孫に会いたし

    陳腐なる言いようなれどアメリカの空は「抜けるような青空」であった

    アメリカでゴルフをしたが広すぎて日本のように遠くへは飛ばぬ

    わが家にはトイレに木刀置いてある誰が置いたか何の為かや

    通常は「浜」という字を使うなり然れども戸籍の本字は「濱」だ

    この道を真直ぐに行くとわが家ありそれ故この道真直ぐに行く

    姉がいて兄いて、も一人の姉もいて我は四番目、弟もいる

    母死んで父死んでそして姉が死にその後わが家に死者なし 慶賀

    

 

今年82歳になられる浜田さんの自由自在な歌にすこし酔う(笑)、ともかく慶賀。

浜田さんの生まれは釧路。釧路に生まれて、宮崎に住んでいる。

 

    そういえば釧路はいつも雪の日で今度はいつか夏にこそ行こう

 

 

        2020年8月25日 初版発行

          2600円+税

 

 

 

 

 

 

 

« 季節の便り(56)  虫の声と彼岸花 | トップページ | 季節の便り(57) 声は応へず »

書籍・雑誌」カテゴリの記事