文化・芸術

2018年10月10日 (水)

ー人生の贈りものー  歌人 馬場あき子  朝日新聞

朝日新聞の連載 「語る 人生の贈りもの 」が実にいい。

〈90歳 なんだか毎日忙しい〉 このフレーズが何度も耳にこだまする。

「なんだか毎日忙しいのよ」と軽々と言ってのける馬場あき子の

おおらかさ。そして、その笑顔のなんと輝いていることか。

         昨年、夫の岩田を亡くしました。一人になって暇だと思うのか、

         いろいろ頼まれ、あちこち飛び回っています。なんだか忙しい

         のよ。


聞き手の岡恵里さんもきっと馬場さんの魅力に惹き込まれることだろう。

第1回目は、10月8日で、本日は第2回目。

1歳の誕生日、両親と一緒の写真が掲載されていた。

目のぱっちりした1歳児である。お母さんの理知的な瞳。


         夭死せし母のほほえみ空にみちわれに尾花の髪

         白みそむ


6歳の冬に亡くなった馬場さんの実母。

それからの人生を思いやる。


全14回のシリーズなので、たのしみ。

馬場さんの笑顔はほんとうにいい。

2018年9月19日 (水)

「まいにち文化祭 2018」 久留米毎日文化教室

恒例の1年に1度の文化祭がやって来ます。

この日のために文化教室の受講生はたのしみながら頑張ってきました。

概要は以下のようになっています。

どうぞ、みなさまお出掛けください。

      2018年9月24日(月・祝)  毎日文化会館

                      所在地  久留米市東町31-34

                                               (アクセス 西鉄久留米駅より徒歩7分)
      (入場無料)

      11:00〜16:00

      特設ステージ     3F   多目的室

      作品展示     4F     中教室

      茶道お点前   4F     和室


4Fの作品展示では、短歌教室の受講生の短冊・色紙なども展示

しています。そして、合同歌集「ちっご川」ができあがりましたので、

無料で配布いたします。ただし、数に限りがありますので、欲しい

かたはお早目にどうぞ。

薄い冊子ですが、受講生の作品とエッセイを掲載しています。

わたくしも参加しています。



cat      cat

車中より見る沿線には、真っ赤な彼岸花が咲いている。

みんなこの花を忌(いみ)きらうけど、わたしは好き。


    自己愛をつらぬきたまへ曼珠沙華     miyoko





まいとし、蕾をたくさん摘んで帰り、玄関の大きな花瓶に投げ入れを

するのだけど、ことしは余力(笑)がない。身辺が落ち着かないのは

なんなのか。(とりあえず、11月末までガンバル。)

筑後平野の稲穂が色づきはじめ、空の青さ高さに「秋だなぁ」と

感じている。

ことしの、この秋を、堪能したいものだが。

 

2018年8月21日 (火)

日本歌人クラブ第22回全九州短歌大会 短歌作品募集中

平成30年11月26日(月) KKRホテル博多に於いて開催される

第22回全九州短歌大会の作品を募集しています。

募集要項は以下の通りです。

   日時  平成30年11月26日(月) 受付11時分 開始・開会13時50分

   会場  KKRホテル博多 (電話 092-521-1361)

        〒810-0022   福岡市中央区薬院4-21-1

                 西鉄バス南薬院バス停下車 スグ

   応募作品  1人3首まで可。作品はどなたでも応募できます。

           新作未発表に限ります。

   出詠料  1首につき1000円。定額小為替にて作品に同封してください。

          応募用紙 A4の400字原稿用紙。右半分に作品を書き、

          左半分に郵便番号・住所・氏名(ふりがな) 電話番号を

          楷書でわかりやすくお書きください。

 

   送り先  〒804-0082

                    北九州市戸畑区新池2-5-35

                        日本歌人クラブ第22回全九州短歌大会事務局

                        西城 燁子  宛

   応募締切  平成30年8月31日(金) (消印有効)



   賞     日本歌人クラブ賞・福岡県知事賞・福岡市長賞・福岡市教育

          委員会賞・福岡県歌人会賞・西日本新聞社賞・毎日新聞社

          賞・朝日新聞社賞・RKB毎日放送賞・角川文化財団賞・現代

          短歌社賞・青磁社賞・日本歌人クラブ九州ブロック賞・

          各選者賞・優良賞・佳作賞など。

   選者  藤原龍一郎・伊勢方信・平山良明・塚本諄・上川原緑・

         菊永國弘・外前田孝・江副壬曳子・運天政徳・内藤賢司・

         橋元俊樹 他


   主催  日本歌人クラブ九州ブロック実行委員会

 

***

なお、大会に先だちまして、日本歌人クラブ創立70周年記念シンポジウムが

同日12時30分より、同会場にて開催されます。

   「短歌の基盤としての風土」       聴講・無料

   講演         春日いづみ

   コーディネーター 中川佐和子

   パネラー      染野太朗・森山良太・恒成美代子

皆様がたの投稿と、当日のご出席をお待ち申し上げています。

 

 

2018年5月28日 (月)

「林芙美子 貧乏コンチクショウ」  世田谷文学館

7月1日まで開かれている「林芙美子 貧乏コンチクショウ」展(世田谷文学館)

に行った。副題は「ーーあなたのための人生処方箋ーー」。


林芙美子といえば、「林芙美子文学賞」が平成27年、創設された。

(事務局=北九州市立文学館)毎年、選考委員は、井上荒野・角田光代・

川上未映子氏の3名。この3名による記念トークが毎年北九州で開催され

好評。


それは兎も角として、世田谷文学館の展示は、観やすく、解かりやすく、

親しめた。今回の展示の一押しは、芙美子の詩をカードにして観覧者が

自由に持ち帰ることが出来ることだった。


              貧乏神

          明日の日に困っても

          私はまだ私全部を投げだしたくはない

          ころがしようが一ツでサイの目だって

          一と六との勝負があるではないか

                             ーー略

               「マヴォ」1925年7月号


芙美子は貧乏だったに違いないが、そのバイタリティは凄い。

「馬鹿にするな 馬鹿にするな」や「力だ 力だ 力だ ! 」 と、怪気炎(笑)を

吐く。そして、時には「男なんか どうでもいいの 抱きあって 寝るだけの

こと」と、書いたりしている。


しかし、林芙美子の情(じょう)の厚さは養子にした「泰」に送った旅先からの

ハガキなどで一目瞭然。「長崎にて おかあちゃま」の文面には泣けて

しまった。


           花のいのちは

           みじかくて

           苦しきことのみ

           多かりき

               林 芙美子


代表作品『放浪記』だけの芙美子でなく、泰に手網のセーターや

手製の洋服を着せる母親でもあったのだ。「何よりも、愛らしい美しい

家を造りたいと思った。」芙美子の念願は淀橋区下落合に完成している。

生活を大切にした芙美子の拘りの家でもあったのだ。

その旧居を保存、公開したのが、現在の「林芙美子記念館」なのだろう。








cat      cat

ところで、世田谷文学館で頂いた「世田谷文学館ニュース」を帰宅して

開くと、館長の作家対談のゲストに馬場あき子さんが登場していた。

着物を着て、すてきな笑顔の写真が掲載されていた。

このたびの対談も実に示唆に富むお話ばかり。



          ーー略 私は現代の口語はもっと磨かなければいけないと

          思います。口語で短歌をつくることが、型というものの

          なかで、今の言葉を磨いていくことになるならば、それも

          また素晴らしいと思います。







          --略 私は死なないものをつくるためには、死なないものを

          勉強しなければならないと思ったのです。

 

2018年5月16日 (水)

「岸田劉生と椿貞雄」 久留米市美術館

劉生の〈麗子〉に逢いに久留米市美術館に行った。

〈麗子〉といえば前髪を真っ直ぐ切り揃えている髪型が印象深い。

「麗子之像」・「麗子座像」・「麗子立像」と劉生のたましいの籠る〈麗子〉が

展示されていた。

出品目録を見ると「麗子微笑」がなかった。

私の記憶にあるのは朱い絞りの着物の「麗子微笑」なのだが…

毛糸の肩掛けをした「麗子微笑」もあるのだが…

(この出品目録には「微笑」の作品名は見当たらなかつた。)

今回は「麗子十六歳之像」があり、初めて観ることができた。

16歳の〈麗子〉は、童女のころの〈麗子〉と違い、ずいぶんと嫋やかで

あったことよ。



劉生の個展を見て入門を決意したとされる椿貞雄の

「童女像」・「菊子座像」など劉生の影響を感じられる。

椿貞雄は、劉生(1929年、38歳没)の製作姿勢を受け継ぎながら、家族の

作品など意欲的に描いている。

椿貞雄の自画像を観ると、太い眉に目鼻だちのくっきりした、今風にいえば

イケメンである。俳優さんにしたいような…



cat     cat

石橋文化センターは「春のバラフェア」の開催中(5月20日まで)だったので、

園内をしばし散策。

ノスタルジーやアバウトフェイス、ブルームーンなどさまざまな色の

薔薇が咲いていた。名札がそれぞれに付いており、香りの強弱まで

明記されているのはとても親切。

オレンジ色のプリンセスミチコもあった。



近藤先生を思い出すアカンサスの花が咲いていた。

先年亡くなったAさんのお庭にも今頃は咲いていることだろう。

      近藤先生宅の庭から春日井市のI さん宅に移植されたもの。

      そのI さん宅のアカンサスを北九州のAさんが頂いて庭に

      植えたのだが、根付かず、再度送って貰ったことを生前話していた。

      2回目に送って貰ったアカンサスは立派に根付いて繁茂している。

      彼女の葬儀の日には祭壇の傍らにそのアカンサスの花を

      供えた。

      全国の「未来短歌会」の会員のお庭には2世や3世、4世の

      アカンサスの花が今頃咲いているかもしれない。

      
     


バラフェアでは、薔薇苗の販売もしていた。

ストローベリーアイスのピンクの薔薇を買いたかったけど、

博多まで持って帰るのは無理かなと、心惜しみつつ諦めた。

2018年4月 2日 (月)

第56回北九州芸術祭短歌大会ご案内

   日時 平成30年4月8日  10時〜16時30分

 

   会場 北九州市立生涯学習センター

       北九州市小倉北区大門1丁目6-43

 

   講演 「短歌と人生」 10時45分〜12時 

                       講師 恒成美代子

 

               短歌大会選者  植村 隆雄

                      小林智恵子

                      下山八州夫

                      中村 重義

                      福田有公子

                       恒成美代子

2017年11月 1日 (水)

「じっと見る」 ブリヂストン美術館収蔵作品より 久留米市美術舘

以前から気になっていた「じっと見る」の会期が5日で終わるので

出掛けた。


石橋コレクションから選ばれた約130点の作品が展示されていた。

「人物」・「自然」・「馬」・「静物」・「都市」・「見えないもの」などのパートに

分けて展示されており、構成が素晴らしかった。各パートの説明がボードに

記されていたが、その文章が実に適格で惹き込まれてしまった。




藤田嗣治や青木繁の自画像は勿論だが、関根正二の「子供」に魅了された。

「自然」のコーナーでは、梅原龍三郎の「ナポリよりソレントを望む」のタッチに

釘付けに。「馬」のコーナーは、郷土の画家の坂本繁二郎の「阿蘇五景」の

なかの「水より上る馬」の水彩画に立ち止まる。


佐伯祐三の「テラスの広告」の油彩にはぐいぐい引き込まれる。

この雑然としたなかの調和というか〈美〉。

観ているだけで愉しくなってくるような絵だ。



それにしてもブリヂストン美術館(石橋財団コレクション)の凄さを改めて

感じ入った次第。



ミュージアムショップで藤田嗣治のポストカード〈猫〉と、坂本繁二郎の

〈放牧三馬〉を買い、「秋のバラフェア」の石橋文化センターの園内を散策。

バラはやはり春だね。秋のバラはちょっとさびしい。

うすむらさき色の「ブルームーン」が印象的だった。


cat      cat

11月1日、今日は十三夜。

先ほど月を見たら輝いていた。十三夜は「後の月」とも呼ばれ、旧暦の

9月13日にあたるそうだ。

満月は、11月4日。

アメリカでは、11月の満月を「ビーバー月」と呼ぶらしい。(夕方のテレビで

聴いたばかり。)


お月さまを眺めながら、すこし飲むか、な。

2017年10月16日 (月)

「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」

福岡大学8号館831教室での講演にSさんを誘って出掛けた。

「〜思っていることを言語化する〜」って、短歌作りにも当て嵌まるような

気がしないでもない。

大勢の福大生に混じって、一般の方々もけっこういらしてたようだ。

写真のイメージ通りのかただった。

ジャケットの下のTシャツは自著の宣伝用 ?  だったのか、ちらりちらりと

見えた。(見せてくれた。 笑)

講演の内容を事細かくここで記すのは憚られる(?)が、

メモをとりたくなるくらい参考になることを語ってくれた。

 

          違う時代の、違う国の本を読む。

          自分を客体化する。

          書きながら考えていく。

          自分の考えを発酵させる。

          論理的な思考ができるだけでは、ダメ。

          情報をシャットアウトする。

          自分を否定するようなものにも触れる







二部では、福大生5人を檀上にあげての質疑応答。

初々しい質問、それに丁寧に応える羽田氏。

〈知〉に触れた2時間弱であった。





地下鉄福大前駅の並木のイタヤカエデが梢の方から紅葉がはじまり、

雨に濡れた緋色が美しく目に映った。

2017年9月29日 (金)

まいにち文化祭 2017年10月1日 日曜日

お知らせが遅くなってしまいましたが、

毎日文化教室の交流イベントが開催されます。

2017年10月1日(日曜日)

時間は11時〜16時

場所は、久留米市東町31-34の毎日文化会館。

当日は、ダンス・舞踊等の各教室による発表。

     展示部門では絵・書・手芸・生け花等の教室で制作した作品を展示。

     短歌教室では、昨年に引き続き合同歌集を制作。

     皆さんの作品とエッセイを掲載。

     会場にて「ちっご川 第2集」無料で配布します。
           (部数に限りがありますので、先着順)

           教室生の色紙や短冊の展示もあります。




     なお、茶道部門では、お点前を拝見しながらお茶とお菓子を

     いただくことが出来ます。


どうぞ、ご興味のあるかた、お近くのかたは覗いてみてください。

短歌教室では新入生を募集中です。

2017年8月23日 (水)

没後20年 特別展 「星野道夫の旅」  久留米市美術館

アラスカに魅せられた写真家の星野道夫の没後20年の特別展へ。


星野道夫の写真は、ホッキョクグマの親子を写しても、タテゴトアザラシの

赤ちゃんを写しても、ザトウクジラのブリーチングを写しても、その被写体は

生き生きと、いのちいっぱいに輝いている。





アラスカの平原を1000キロの旅を続けるカリブーの群。

夜空に舞うオーロラの神秘さ。

ワイルドクロッカスの可憐な花。

ヒメウズラシギの雛の愛らしさ。

牡に角のある馬みたいなムース。

山羊みたいなドールシープ。






等々、掲げられている大きな写真を飽かず眺める。

今回の特別展では250点の写真を5つの構成で紹介されていた。

自筆の文章や、手紙、愛用のカメラなども展示されてあった。


星野道夫は、アラスカに魅せられ、アラスカに赴き、1996年8月、

ロシアのカムチャッカ半島、クリル湖畔でヒグマの事故により急逝、

享年43歳だった。




 

星野道夫のことを知ったのも他ならぬ連れ合いの書棚であった。

『イ二ュニック』(新潮文庫 平成10年)

『旅をする木』(文春文庫 1999年)

『アラスカ 風のような物語』(小学館文庫 1999年)

『ノーザンライツ』(新潮文庫 平成12年)

『ぼくの出会ったアラスカ』(小学館文庫 2004年)





こうして並べてみると、いずれも亡くなったのちのものばかりである。

本日は、いちばん新しい(?) 刊行の『森と氷河と鯨』(文春文庫 2017年7月)を

お土産に購入した。喜んでくれるだろうか。






          「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、

     こんな星空や泣けてくるような夕陽を一人で見ていたとするだろう。

     もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうに

     伝えるかって ? 」

          「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いて見せるか、

     いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」

     「その人はこういったんだ。自分が変わってゆくことだって……

      その夕陽を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」

              『旅をする木』 「もうひとつの時間」より 星野道夫 









なお、没後20年特別展「星野道夫の旅」は、久留米市美術館にて、

9月3日まで開催されている。

その他のカテゴリー