日記・コラム・つぶやき

2018年7月20日 (金)

不思議な縁(えにし)

水町京子は、大正・昭和期の歌人。

尾上紫舟の指導を受け、「水甕」に参加。のち古泉千樫の門に入り

青垣会に参加。大正14年「草の実」創刊。

昭和10年より「遠つびと」を主宰。

歌集に『不知火』・『遠つびと』・『水ゆく岸にて』などがある。

明治24年生まれ、昭和49年に亡くなっている。



その水町京子が櫻美林学園で国語教師をしていた昭和30年代の

教え子がTNC西日本文化サークルの教室に来ている。

S さんは、17歳頃に水町京子から「源氏物語」を習っている。

当時は水町京子が歌人ということも知らなかったようだ。

Sさん宛のハガキには本名の「甲斐みち子」としたためている。

当時のハガキや創作社発行の「創作」(若山牧水追悼號)のコビーを、

本日はお預かりした。




「牧水さんをおしのびして」と題した追悼文は、牧水の人柄を活写している。

「年の若い叔父さんにでも對するやうな気持でおすがりしてをりました」とも

書かれている。



1枚のハガキ、何年なのかはインクが薄れて判読できないが、5円であり、

現在のハガキの大きさより一回り小さめである。

S さんが大事に保管していたのだろう。

まさか自分が後年、短歌を作るようになろうとは思いもしなかったこと

だろう。


一葉の写真の裏には、「昭和31年頃 櫻美林学園校庭にて」とあり、

写真には甲斐みち子先生(水町京子)と S さんら15・6・名が並んで写って

いる。白黒写真なのだがSさんの凛々しい、賢そうな顔。

甲斐先生はゆったり優しそうなお顔である。


Sさんが「源氏物語」を習った甲斐先生が水町京子という歌人であったこと、

きっと S さんは不思議なえにしを感じているのではないかしら。






cat    cat

本日の福岡の気温38℃。

出かける前にシャワーを浴び、帰宅して真っ先にシャワーを浴びた。

まだまだこの暑さは続くようだ。ひぃ〜



今夜は上弦の月。

P・M 10:30   西の空に輝いている月。

                   月の前方(左側)には木星が呼応するように

         瞬いている。



2018年7月19日 (木)

「希望」が見えた。

P・M 8::40過ぎ、南南西の空に「希望」(国際宇宙ステーション)が、

肉眼でしっかり見えた。

今夜のISSは東北東の空に消えてゆくまで5分以上あって

ゆっくりたのしめた。

西の空には、上弦まえの月が見える。

夜になっても暑さは衰えないが、こうして空を見ているひとときは、

心が穏やかなのだろう。




そうそう昨日のブログの、

           「終わった人」の帰りは早い。

の意は、映画「終わった人」をもじって書いたものだ。

館ひろし&黒木瞳主演の映画を観たのだが、上映はすでに終わっている。

バタバタと過ごしていてブログに書き込むのを怠っていた。









映画は、

定年を迎えた田代(館ひろし)は、一日中、家でぐうたらとしている。

一方、妻(黒木瞳)は、自分の美容院を持つべく張り切っている。

夫と妻の隔たり ?   

しかし、夫もこのままで良いとは思っていなく、あれこれと手を出してみるが、

いかんせん、立派な学歴と職歴がかえって足を引っ張る。

カルチャーセンターに通いはじめ、そこの受付の女性との恋 ? が勃発。

そのご、I T 企業への再就職はしたものの……シリアスな状況となってゆく。

はたして、この夫婦はそのご…(結末は書かないでおこう)

原作、内館牧子。







と、いうことで「終わった人」とは、定年を迎えた人という意味で使った次第。



昨日の久留米は38℃だったらしい。

明日の福岡の予報は36℃。お出掛けが思いやられる。

とにかく、この暑さを乗り越えなくちゃ。

2018年7月18日 (水)

イエローアイコと曜白アサガオ

朝夕の水やりが欠かせないプランターの植物たち。

毎朝たっぷり如雨露で水をやる。

おかげさまでイエローアイコ(ミニトマト)は、毎朝5コくらいの収穫。

サラダに添える。


今年は曜白アサガオのピンクの花が小さい。

花弁の中心から筋条に白い模様の入った花。わがやのはピンク。

ゴーヤは4本下がっている。食べるのは勿体ないので鑑賞用 ?

黄色い小さな花は沢山咲いている。風が吹くとはらはらと零れる。



本日は久留米行きだったが、弁当持参。

終わって西鉄特急電車で福岡天神へ。天神町には浴衣姿の女の子たちが

ちらほら。どこかで花火大会があるのかしらん。男の子(と、言っても青年)が

浴衣を着て、女の子と手をつないで歩いている。(いいな、いいな。)

役所に行き、約束のものを頂いて、その足で丸善へ。

あいにく探している品物がなくて、新天町の復古堂へ。

さすがぁ、此処には在庫があった。







そんなこんなで帰宅するとすでに連れ合いはご帰還(笑)

「終わった人」の帰りは早い。

プランターの水やりはしてくれていたけど…

すでにビールの空き缶が……

P・M 8:40  今夜の月はだいぶん太ってきている。

金星は遠く離れて、もう沈んでしまう。







cat    cat

本日の歩数、7449歩。距離、5.0km    活動量 1.5Ex    

    消費カロリー 143Kcal   脂肪燃焼量 10g

    ふぅ〜

2018年7月 9日 (月)

季節の便り⑩  シマトネリコの花

歯科の診察台に座ると窓の向こうにシマトネリコの白い花が

見える。わたしにとってシマトネリコといえば歯科と結びつく。

那珂川に沿った道路の街路樹はシマトネリコで、どういうわけか

いつもこの花季になると歯科通いをしている。

煙がくすぶったように見えるスモークツリーと花は似ているが、

シマトネリコは、雌雄別称の高木で雄の木は花が咲かない。

シマトネリコは、香りのある白い小花が密生して咲く。

羽状複葉(うじょうふくよう)といって、2枚1組で生える葉である。



それはさておきテレビを観るのも、新聞を読むのも、怖い。

このたびの豪雨の被害は日を追うごとに死者や行方不明者の数が

増えてゆき、その数を思うとからだが震える。

日常が日常でなくなることの怖さ。

何か自分でも出来ることをしなければと思う。






今朝、と言っても夜中の2時40分頃、からだが揺れる感じで目覚めた。

あ、これは地震だととっさに思った。

震源は福岡地方で、わたしの住むところは震度1だった。

震度1くらいで飛び起きる臆病者である。



それから眠られず、3時50分過ぎ、再びの地震だった。

2度目の地震の方が大きく、佐賀県南部が震源地とか。当地は震度2で

あった。




このたびの豪雨のことを思うと、震度1や2くらいの地震でオタオタしている

自分が恥ずかしい。

こんな臆病者のわたしがよくぞ今日まで生きてこれたものだと、

思ったりしている。

2018年6月11日 (月)

合歓(ねむ)の花

合歓の花で真っ先に思い浮かぶのは、芭蕉の句。

       象潟(きさがた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花

芭蕉さまが「奥の細道をゆく」旅での象潟の1句。

合歓の花を、中国の悲運の美女の「西施」に準えるとこなんて、ニクイ。




さて、さてわたしは唐津街道を南下して平戸へ行ったのだが、

前原〜 唐津〜 松浦 〜 平戸への道中で目についたのは、

合歓の花だった。

茶筅を大きく広げたような合歓の花。

薄いピンクからショッキングピンクの花の先端。




あいにくの梅雨晴れ間(笑)のために、雨中の合歓の花ではなかったが、

夢幻の色合いを見せていた。



今日は、朝から雨が降っている。

きっと、あの合歓の花はいまごろ雨に濡れていることだろう。

2018年6月10日 (日)

田平(たびら)天主堂     長崎県平戸市

9日の土曜日に田平天主堂を訪れた。

お天気も上々で、海を眺めながら平戸大橋を渡った。

この教会は、1886年(明治19年)以降、黒島と外海から移住して来た

信者たちが造りあげた。黒島も外海も潜伏キリシタンが多かったが、

明治になってカトリックに復帰したフランス人神父が常駐して教会も

建てられた。




1918年(大正7年)、5月14日、歴代の信者たちの血の滲むような努力や

献身的な労働奉仕によってレンガ造りの聖堂が献堂された。

今年は丁度100周年にあたり、先月、祈念式典が行われ、天主堂の前庭に

記念碑が建てられていた。



わたしは信徒でもないのだが、堂内に入り、神に祈りを捧げた。

内部のリブ・ヴォールト天井をつくづくと仰いだ。




この教会を訪れる前に「焼罪史跡公園」を歩いた。

この公園はイタリア人宣教師のカシロ・ユンスタンツォ神父が禁教時代に

火刑に処された場所。

小さな公園で、ウグイスの声がきこえる静かな場所だった。

海を眺めながら、ウグイスの声をしばらく聴いていた。



cat    cat

長崎から帰宅して新聞を整理していたら、9日付けの朝日新聞の夕刊に

「与助の教会に魅せられ」と大きな活字が目に飛び込んだ。


なんという偶然か、田平天主堂のことも記事の中にあった。

天主堂は勿論、鉄川与助が設計施工している。


今回は、「隠れキリシタン」と「潜伏キリシタン」の違いを学習することが

できた。今迄、総称として「隠れキリシタン」と呼ばれていたが、厳密には

隠れキリシタンとは、禁教を解かれたのちもカトリック教会に戻ることなく、

日本的な独自の民族宗教を信仰している人たちを指すそうで、平たくいえば、

アレンジしている ?ことらしい。(間違っていたら、ごめんなさい。)



今年夏の世界遺産登録を目指しているのは「長崎と天草地方の

潜伏キリシタン関連遺産」。きっと登録は成ることだろう。


田平教会で絵ハガキを買ったので、M さんに書く。

「恵まれた者、喜びなさい。主はあなたとともにおられます」 ルカ 1・26

2018年6月 6日 (水)

ツルハナナスの花が咲かない

去年の6月に通販で取り寄せて植えた「ツルハナナス」の苗。

今年はネット一面に蔓が伸びて勢いが良いのだけど、

いっこうにツボミも付かず、花が咲かない。

ツボミが出来ないと、花も咲かないよね。


あれこれ検索して調べているのだけど、やっぱり1年くらいでは

無理なのかな ?

白色の可愛い星型の花で、薄青色も混じる。

ナス目ナス科ナス属の「ツルハナナス」。

毎朝、窓の向こうにはったネットを見上げるのだけど、今年はダメそうだ。







ミニトマトを今朝数えたら、22個ついていた。

今年は「イエローアイコ」を植えている。プラム形で色はイエロー。

まだ色づいていない。




cat     cat
M さんより「桃ジャム」と「豊の香ジャム」をいただいた。

そして、わたしの晩酌(笑)の梅酒もくださった。

だいじにだいじに抱えて、久留米より直行で帰ってきた。

でも、あまり飲んでもいられない。

280ページの本がまだ三分の一残っている。これを今夜中に読んで

しまうつもり、つもり、つもり……

2018年6月 1日 (金)

季節の便り⑨  菩提樹の花   恵光院(福岡市東区) 

菩提樹の花がほぼ満開。

ことしは「ほぼ満開」の花を観ることができた。

恵光院に足を踏み入れると、その薫りがただよう。

そして、花の周りには蜂が蜜を吸っているのだろうか。

ブウン、ブウンと羽音がする。

       菩提樹の花を直ちに指さしぬ   後藤夜半




中国に野生するシナノキ科の落葉髙木で、日本では寺院や神社の境内に

植えてある。花は薄黄褐色の薫りのある小花を鈴なりに開く。


恵光院は筥崎宮のそば。

本日は花を観に訪れた人たちで大入りだった。





「菩提樹まつり」は3日の日曜日かな ?




cat      cat

菩提樹の花を堪能したあとは、筥崎宮の「あじさい苑」にも寄った。

入苑料は300円。

こちらも人出が多かった。


柏葉あじさいの花毬が重たそうであった。

日差しに真っ白の花が耀いて、目が眩むようであった。

青い花のハワイアンブルーと、真っ白なウェディングドレスに目が止まる。

淡いピンクのコットンキャンディも気に入った。


あじさい苑の開苑は6月30日までの予定らしい。


2018年5月27日 (日)

牧野記念庭園    練馬区

昭和33年12月1日に開園した牧野記念庭園に初めて行った。

牧野富太郎博士が大正15年から昭和32年逝去されるまで住んでいた

跡地である。

300種類以上の草木類が植栽されており、何より入園料が無料で

自由に散策できることがうれしい。

入るとすぐ左手に「ゆりのき(はんてんぼく)があり、腕を回しても届かない

くらいの幹の太さである。


「あぶらちゃん」は、花が終わったあとの青い小さな実を付けていた。

練馬の名木の「へらの木」は、高さ13メートル、幹の太さは1.9メートルの

立派なもの。


庭園の奥の方に苗床があり、アカンサスの苗が育ち2本の花穂が立っていた。



庭園内の記念館では、「世界へ向けて日本の固有植物」展が開催されて

おり、ASBA会員15名の描いた原画が展示されていた。

「ミヤコイバラ」(山田道恵)、「エイザンスミレ」(佐々木正子)など、その克明な

絵は観ていて、見飽きぬものであった。




草木の好きなかた、そうでないかたも、

行けばきっと心が癒される筈。

玄関の佇まいがすてきだった。

園内にはベンチが置かれてあり、ゆっくり観賞できるのもいい。

なお、毎週火曜日は、休園。




cat     cat

週末に上京したので、今回は「牧野記念庭園」と「世田谷文学館」を

予定に組み入れた。

本日の歩数、12517歩。よく歩いたことよ。

2018年5月23日 (水)

あじさい(ダンスパーティ)と「サムハラ」

花屋さんの店先を通りかかったら、あら、「ダンスパーティ」がある。

去年の6月に筥崎宮のあじさい苑でこのダンスパーティがいたくいたく

お気に召し?、あじさいの花の筆頭にしたところだった。

ピンクと白のダンスパーティの鉢があじさい苑では売られていたが、

何しろでっかい鉢なので、か弱いわたしには(笑)持って帰れそうになく

あきらめていたのだ。




ところが、今日はためらわず買った。

ピンクの小振りの鉢だったので、抱えて帰って来た。

うれしい、うれしい。

「墨田の花火」という白いあじさいも好き。

切り花でいいから、どなたか、ください、ください。


ああ、喜んでばかりもいられない。

宿題があった。

「サムハラ」って、知ってるかしら。

難しい字で、わたしのワードでは探しあたらないような字。

曾子の頃からあがめられていた ?   という歌だったけど、どうなんだろう。



①チベット仏教でいうシャンバラ(桃源郷) ?

②サムハラ神社が大阪にある ?

③お釈迦さまの弟子の曾子が臨終にあたって、体に傷一つないことを

 親の恩に報いることとし、生命の守護神「サムハラ」に感謝したとの逸話が

 あるそうだけど、時代的にどうかなぁ。



生命の守護神っていうのは、わかるような気がしないでもない。

お財布の中にあの難しい四文字の「サムハラ」を入れておくと、御利益が

あるのかしらん。



cat         cat

11階建てマンションの上の方に、上弦(昨夜だった)の月が出ている。

明るい、綺麗。(ただいま、23日 21:10)

N  さん、見てるかしら。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー