日記・コラム・つぶやき

2017年8月 5日 (土)

「南の島歌に潜む生と死」 朝日新聞  葉室 麟 執筆

本日、2017年8月5日の朝日新聞 地域総合版の「曙光を旅する」に

注目。1962年、奄美市での島尾敏雄の写真一葉と、特攻艇「震洋」の

格納壕の写真が掲げられていた。この格納壕を撮影したのは、

河合真人氏。実にすてきなアングルの写真である。


福岡県久留米市在住の小説家、葉室 麟 さんが奄美を訪れ、島尾敏雄

生誕100年の関連イベントに参加している。

イベントでの詳細な記述はないのだが、島尾敏雄が奄美で島の娘(ミホ)と

恋に落ちるロマン、そしてそののちの「死の棘」の世界を次のように記す。



        略ーー戦後、島尾とミホが向かい合った「死の棘」の世界は

        男女の生と愛を極限まで確かめようとする、あたかもギリシャ

        悲劇のような息苦しく、逃げ出したくなる日常だ。

         いずれも普通の人間には耐え難いもののように思えるが、

        その中から奇跡的な文学が生まれたと言える。ーー略


cat    cat

2015年7月、念願だった奄美大島へ。

島尾敏雄の足跡を訪ねて、の旅だった。

加計呂麻島の呑之浦、

また、いつか訪れたい島である。

        ミホさんもマヤさんもともに眠る墓碑 島尾敏雄の『孤島記』の島

        岸の辺を洗ふ波音たぷんたぷん聴きつつふたり 二人のみなる

        呑之浦(のみのうら)のちひさな湾のみづの色みづの音さへ

        かなしきものを

        黄槿(はまぼう)の花を見しこと 身を委ね緩やかな波の音聴き

        しこと         歌集『秋光記』(ながらみ書房 2016年6月刊)



*     *

ところで、台風5号は停滞していて、奄美では大雨になっているみたいだ。

奄美市など3地域で避難勧告。

土砂災害の警戒が奄美市など5地域で出ている。(A・M10:00現在)

大丈夫かしら。

どうぞ、お気をつけてください。





博多の街は今日も暑い。

38℃の予報が出ている。

午後は、歌会。

みなさま体調、大丈夫ですかぁ。

お気をつけていらしてくださいね。

 

2017年8月 4日 (金)

ムーミン絵本の世界展へ

今日も暑かった。

37・2℃

たぶん、この夏いちばん暑かったのではないかしら。







香椎の教室に行くのにいつもならJR千早駅より歩くのだが、

とてもじゃないけど歩けない。

千早駅より西鉄電車に乗り換え、一駅先の香椎宮前駅で下車。

Yさんも同じ電車だった。







この暑さの中を教室の帰路には博多阪急に寄り道。

寄り道したのは「ムーミン絵本の世界展」を観るため。

トーベ・ヤンソンの原作、そしてたくさんのグッズが売られていて、

あれもほしい、これもほしいで立ち去り難し。

ノートと絵葉書を購入。

会場の、ちょっとブレイクコーナーには、マグカップ入りの

「夢みるくソフトクリーム」があり、食べたかったけど我慢。(日が暮れるっ)

あのマグカップ貰えたのに、やっぱり食べればよかった(泣) と、

帰宅して後悔。

(ちなみに、「ムーミン絵本の世界展」は7日まで。8階催場)



まぁまぁ、今日は江國香織の文庫も買ったし、良しとしょう。

そして、集英社の文庫本をいま買うと、リバーシブルのカバーが貰える。

それがホントに可愛い。ネコのイラスト付きでコバルトブルーが夏の海を

連想させる。




書店に寄ったら「ナツイチ」を頂くといい。(無料配布)

コバルトブルーの表紙にはネコが本を読んでいる ? イラスト。

            よまにゃ

集英社文庫のPRの冊子だけど、ネコのイラストがあちこちに付いていて

キャッチフレーズがまたいい。

            ひとりの時間を、ひとりじめ。

2017年8月 2日 (水)

わが晩年などと気取りてあぁ暑し   池田 澄子

ほんとうに暑いです。

気取っても気取らなくても暑いです。

本日は久留米行き。

久留米がまた暑い。

博多の街より2℃も温度が高くて37℃。





帰宅したらすぐさまシャワーを浴びて、

エアコンをガンガンつけて、

アイスクリームを頬張る。(うん、しあわせ)






昨日は気掛かりだったパソコンの修理?に、

●●電器のかたが来てくれた。

お粗末というか、恥ずかしい話なんだけど、パソコンのフリーズする

いちばんの原因がわかった。

キーボードの裏側に電池が入っているんだけど、その電池が

切れていたのだって。(久留米で、Sさんに聞いたら、電池なんか入って

ないよ、と云う。古い機種なの?だって。2年前に買ったのだけど、な。

現在のは電池でなくて、自動的に充電できるの?)







まぁ、それは兎も角、電池を取り換えたらスムーズに動くようになった。(笑)

折角修理に来て頂いたのだから、USBメモリの使い方を教わる。

いまだにフロッピーやDVDRWに資料を一つ一つ項目別に入れていたの

だけど、このUSBメモリって便利だな。(買うだけ買って、仕舞い込んで。)






          わが晩年などと気取りてあぁ暑し     

                      池田澄子句集『思ってます』






ほんとうに晩年になったら、

「気取りて」というポーズなんて、

できない、だろうね。

澄子さんは、まだまだ余裕がおありになる。

かく云うわたしは?



2017年7月29日 (土)

月と木星

夕焼けが綺麗だった。

茜色が薄れてゆくのをいつまでも眺めていた。


そして、

先ほど(P・M8:30)に西の空を見たら、月と木星が並んでいた。

月は弓張月といったところ。(上弦の月は31日)

スピカを探したけど見えなかった。


相変わらずパソコンが不機嫌なので、長いブログが書けない。








cat      cat

Mさんより自家栽培のスイカが届いた。

クール便で届いたので、早速いただくことに。

Mさんは心配していたけど、熟れていたし、甘かった。

明日の分もあるし、うれしい。(ありがとうございました)




Sさんより絵手紙が届く。

その絵手紙も大判なので82円の切手が貼られていた。

絵がすごくいい。カラフルで魚の目が生きている。

そして、添えられたメッセージは、

                       泳ぎたい

                       夏の

                       海で

2017年7月28日 (金)

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

本日、7月28日より8月1日ごろは、『日本の七十二候』(中経の文庫)に

よると、第三十五候の大暑 次候にあたるみたいです。

蒸し暑いことを「溽暑(じょくしょ)」というらしいですが、まさに溽暑の日々です。


それかあらぬか、パソコンが不調です。

この暑さにしきりにフリーズしてしまうのです。

あなたが凍ってどうするの?

と、呟いてみたものの、返事がありません。

と、いうことで、しばらく当ブログはお休みすることにしました。

直り次第、復活するつもりでいますが、予定は 未定です。


どうぞ、みなさま、ご自愛なさいますように。





どうぞ、みなさま、ご自愛なま
                                          
2017年7月28日 A・M 9:30     miyoko 

 

2017年7月19日 (水)

暑気払い(星空に近いガーデンへ)

梅雨明けを期待しているのに、北部九州の梅雨は明けない。

今日も今日とて、「福岡市熱中症情報」は、


         15時 危険 

         18時 厳重警戒

と、穏やかでない。

しろしか(鬱陶しい)日々であることよ。




ちなみに、「危険」とはWBGT31度以上で皮膚温より気温の方が高くなること。

そして、厳重警戒はWBGTが28~31度。

14日、15日、16日、17日、18日、19日と「危険」な日が続いた。





梅雨明けを待って暑気払いを、の掛け声もむなしく、

前倒しで「暑気払い」をした。

と、云っても飲みに行くだけ、だけど……




席に案内される前に入口で、「木挽BLUE」(本格焼酎)のポケットサイズを

プレゼントされる。これはお土産っていうことかしら。

女性連れのなんと多いことか、いわゆる女子会ですなぁ。

あと、サラリーマンらしき団体さん。白いワイシャツ姿が出自を証明している。




さすがに夜空に近いガーデンだけあって、風が心地いい。

雲にさえぎられて、かんじんの、

               
               夕日は見えず
               

               夕焼けも見えず

               星空も見えず

2017年7月12日 (水)

曜白(ようじろ)朝顔

花の中心部から放射状に白い模様の入った朝顔、

名前は「曜白(ようじろ)朝顔」という。

この朝顔はわがやの定番で、もう4・5年前から夏になると咲く。

咲くといっても毎年、タネをとり5月に種まきをするのだ。


昨年はマンションの大規模改修工事があり、一夏を楽しむことは

出来なかった。かわりに前年のタネを友人・知人に配ったので、

わがやの二世・三世があちこちで咲いている ?。

ピンクの花びらに白い放射状の筋が入っている曜白朝顔。






昨年、ベランダのプランターや鉢を全て処分して、コンテナで持って行って

もらったので、ベランダはすっからかんになってしまっていた。





さて、今年はどうする?と、いうことで、諦めようと思ったのだが、風船蔓の

タネの袋が引き出しの中から出てきたので、小さなプランターを3個買った。

そして、残っていた曜白朝顔のタネも蒔いた。






風船蔓(ふうせんかずら)は、現在ツルを伸ばし中であるが、

朝顔は2・3日前から咲きはじめた。

プランターが小さいので、朝顔の花も小さい?。

(やはり、タネは市販のものを時々買う方がいいのか。)

でも、目が覚めて、朝の水遣りはたのしい。

「よく咲いてくれたねぇ」と声をかける。





いま、ベランダには、通販で買ったツルハナナスと春日の園芸店で見て、

衝動買いしたダークローズの鉢を置いている。

ツルハナナスはまだ花どころか、細い細い枝ぶり?である。

通販で買うのは、現物が確認できないので、失敗だったような。

ダークローズは薄いピンクで、蕾もたくさんだし、花がたくさん咲いて

いる。

ベランダに彩(いろどり)をもたらしてくれているので、うれしい。

2017年7月10日 (月)

蔵書生前贈与計画 ? 

室温が30度にのぼりつめようとしている。

この蒸し暑い部屋にいて、本に囲まれていると「ギャー」と、声を

挙げたくもなってくる。

いったい我が家にはどれくらいの本があるんだ。

       ガラス扉付き書棚        3棹

       書棚                7棹(うち、3棹は連れ合いのもの)

       文庫・新書のスチール本棚  2棹(共有)

       段ボール保管          6函

       寝室に積みあげられた大量の寄贈本








かてて加えて、スクラップノート130冊や資料の入った紙袋が30個ほど。

火事になったら、勢いよく燃えるものばかりだ。

その上、こんなに本を集めても遺族?にはなんの価値もなかったり、する。

やっぱり元気なうちに、このたいせつな本たちの行く先を考えた方が

いいのではないかと思ったりしている。(昨夜は、そんなことを考えていた。)



その昨夜は、防災メールの雨量情報が2度も入り、カミナリは鳴るし、

豪雨を案ずる。

しかし、夜中には満月が雲間から見えたりした。

 

2017年7月 9日 (日)

『結婚』 井上荒野  角川文庫

映画が先か、原作が先か?

で、映画を先に観てしまった「結婚」だった。

原作本を購わなければ、と思っていたら、な、なんということか。

昨日、文庫本の書棚を整理していたら『結婚』が井上荒野の文庫が

並んでいる中にあるではないか。




こんなことって、たまにある。

購ったまま読んでいなかった?

そんな筈はないと思いつつ、読んでゆく。

どこまで読んでも読んだ記憶がない。(そういえば、このところ記憶力も減退)




西加奈子の解説を読んでも、読んだ記憶が甦らない。

そうか、読んでいないんだな、と、了解するしかない。





結婚詐欺師の古海健児(うるみ・けんじ)。

考えようによっては、ひとときでも相手の女性に歓喜を与えたのだから。

なんて、考えるのはダメか。ダメだろうな。

女性を騙してお金を略奪しているのだから。





        可愛い、と古海は思った。女をだますときにはいつでも

        そこからはじまるのだった。





           解説  西 加奈子

           平成28年1月28日 初版発行   600円+税

2017年7月 1日 (土)

上弦の月に寄り添う木星

今日の暑さは、まさに「溽暑(じょくしょ)」だった。

もう朝からがんがんエアコンをつけていた。

途中で近くのワッフルの美味しいお店に。

ここのワッフルは食べ応えがある(笑)。

その上、リーズナブルなお値段。




午後は歌会へ。

暑さにめげず12名出席。他に3名詠草のみ。

75首を3時間で粛々と相互批評。

その欠席者3名の批評などを書いて、発送準備。

と、いうことで、右肩の痛み。





ベランダに出ると、空は晴れて上弦の月が出ている。

その月に寄り添うように木星が瞬いている。




今夜は、月も見ることが出来たし、もう休みます。

                           おやすみなさい。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー