日記・コラム・つぶやき

2018年9月10日 (月)

歌集『塩の行進』 春日いづみ  現代短歌社

2014年刊行の『八月の耳』につづく第4歌集。

著者は「水甕」副代表。

    「ネット銀行レモン支店」にタッチする葉つぱのお金を送る心地に

    妻にして母祖母娘嫁姑 年の始めのわが変化身

    踊り場にきんぴら受け取りポトフ置くいつからともなき沈黙交易

    くれなゐの非常ボタンが母の辺の三面鏡に三つ映れり

    年始客の四十人を賄ひしわれにやうやく女正月

    立ち止まり暮し見直す時間欲し積み上ぐる本崩れ落ちたり

    電話切り夕べに濯ぐ右の耳聴聞僧となりて半時

    伏し目なる阿弥陀如来と向き合へる卒寿の母の目力つよし

    四半世紀子らより長く暮らしたりけふさむざむし空つぽの膝

    三月の春のあけぼの杖を手にガンジーの発ちし「塩の行進」


読後、爽やかな風が吹き渡る心地がした。

その爽やかさとは、「しっかり生きている」ひとへの畏敬のまなざしでもある。


3首目、受け取るのが「きんぴら」で、置くのが「ポトフ」だから、おのずと

生活様式、食の好み、世代差などが伝わってくる。二世帯住宅などでは、

相手の生活にあまり立ち入らないことを基本にしているのだろう。

この相手への思い遣りがおのずと料理を運ぶ行動にうかがえる。


5首目を読むと、わたしには真似できない思う。二人だけのお節料理

だって、簡略したいくらいなのだから。


6首目は共感。立ち止まって暮らしを見つめ直し、自分を見つめ直す時間が

必要なのだ。積み上げ、積み上げてゆく本の嵩。本の方も悲鳴をあげてい

る。


7首目には笑ってしまった。きっと30分間をただただ電話相手の聞き役を

していたのだ。「夕べに濯ぐ右の耳」に、作者の遣る方無い思いがくみ

取れる。


9首目は、愛猫との暮らしを偲んでいる。もう、この膝に来る猫はいない。


家族を愛し、生活を大事にしている人の歌。

それはとりもなおさず、自分を大事にしていることにも繋がるような

気がしてならない。

                             2700円+税

                             2018年8月27日

2018年9月 7日 (金)

怒涛の1週間

北海道の震度7の地震におののきながら、自身のほんのちいさな

「暦日」を記すのが躊躇われる。


この1週間はわたしにとって「怒涛」のような日々でもあった。

日々でもあったのだが、まだ終わってはいない。

今日もこれから出掛けなければならない。

備忘のために記しておく。

4日、日本歌人クラブの投稿歌の整理のために、北九州へ。

    11:00集合。7名で校正作業。

 

5日、久留米へ。終わって西鉄急行電車で福岡天神のアクロスへ。

   日本歌人クラブの時に配布する福岡の観光案内のパンフレットを

   調達するため。

   ここでは大量のパンフレットは無理ということで、バスで移動。

   大名の「福岡観光コンベンションビュー」へ。

   紙質もいいしカラーですてきな観光案内の冊子が2部。しかし、

   数が多いと、とにかく重い。(お米の5キロ袋みたいな(笑))

   係のかたが宅急便で送った方がいいですよ、というのを断る。

   宅急便だと経費がかかるし、緊縮財政で頑張っているわたしとしては

   持って帰りたい。とても気遣いをしてくださったMさん(?)が、地下鉄の

   改札口まで運んでくれる。(ありがとうございました。無事、帰宅です。)






6日、KKRホテル博多で打ち合わせ。13:30

       以前の担当だったWさんが部署を変わられたのでDさんと打ち合わせ。

   一つ一つチェックしてゆく。

   前途多難だが、なんとか開催にこぎつけたい。

   (皆さま、日本歌人クラブ第22回全九州短歌大会、11月26日(月)

    お待ちしています。当日はシンポジウムもあります。

    コーディネーター・中川佐和子。パネラー・ 染野太朗、森山良太、

    恒成美代子。講演・春日いづみ)

   


   そういえば、本日は別府温泉で同窓会があっている。

   毎年開く中学校の同窓会は、今回は泊まりがけ。

   Yちゃんに会えるのを楽しみにしていたのだけど、残念。


7日、そして本日は香椎へ。

   それにしても机周辺に積みあげた書籍が気になってしかたがない。

   
   

   ことに、田村雅之詩集『オウムアムア』(砂子屋書房 2018年9月)と

   同じく田村雅之詩集『『デジャビュ』以後』の存在は。

   田村さんの詩集は『ガリレオの首』(七月堂 1978年)、『破歌車が駆けて

   ゆく』(アトリエ出版企画 1982年)、『鬼の耳』(砂子屋書房 1998年)と

   連れ合いの蔵書のなかに収まっているほどのファンでもある。



   心が清澄な(笑)時に、ゆったりと丁寧に拝読したい。

   ひとまず、連れ合いに託そう。



そんなこんなで、この1週間は〈怒涛〉の日々。

メールや電話を失礼しているかたもいらっしゃいますが、ごめんなさい。

生きています。しっかり生きています。

 

 

 

 

2018年9月 2日 (日)

季節の便り⑬ 夕顔(ヨルガオ) の花

待ちに待っていた夕顔(ヨルガオ)の花が咲きはじめた。

括弧内に書いているように正しくはヨルガオの花なのだけど、

ヨルガオなんて名前が好きでない。


   夕顔は花のあとに実が付き、食用または干瓢(かんぴょう)にする。

   ちなみに、源氏物語の「心あてにそれかとぞ見る白露の光そへたる

   夕顔の花」「寄りてこそそれかとも見め黄昏れにほのぼの見つる花の

   夕顔」の、応答の「夕顔」は、ウリ科の正真正銘の夕顔みたいである。

 


まぁ、わたしは慣例に従って夕顔の花っていうことにして。

むかし作った歌を。


   ゆつくりと花びら開く夕顔は初々しくてせつない白ね

   ゆふがほの一つ二つと咲きはじめかの世の母にすこし近づく

                 『暦日』(角川書店 平成24年7月刊行)



夕顔の花が咲きはじめるこの季節は、夕暮れが待ち遠しい。

何度も何度も花を見るためベランダに。

かくして幸せな日曜日となった。

2018年9月 1日 (土)

ほろほろと生きる九月の甘納豆  坪内稔典

気がつけば9月。

はやいなあ。

1ヵ月が経つはやさ。

本日は「未来福岡歌会」だった。

お手紙をくださったA さんが、初めての出席。

繊細な歌を作るかたで、福岡歌会にまた新しい風が吹き渡る。


うれしくて気も漫ろだったのか、大失敗をしてしまった。

帰宅して、歌会会場の鍵を返しに行こうとしたら、その鍵がない。

手提げの中味をひっくり返しても、無い。

鍵を M さんに掛けて貰って確かに頂いた筈なのに…





もう一度、会場まで行って来るか、バタバタしていたら、

「僕が探して来るよ」と、連れ合いが言う。と同時に、出て行った。

こういう時はホントに有難いと思う。


ちなみに帰宅途中で買い物をしたストアーに電話してみる。

やはり鍵は届けられていなかった。


夕食の支度をしないといけないのに、それどころではない。

もう一度、探す。化粧ポーチ、ペンケース、電子辞書(ケース入り)

なんなんだ。wobbly

電子辞書を入れている布製のケースの中に入っていた。



鍵は出てきたのに連れ合いは帰って来ない。

道々をしっかり捜しているのだろう。

そんなこんなで天手古舞の、月はじめの土曜日であった。

 

      ねぇあなた池の向こうは涼しそう     池田 澄子


なんて、言えない。

まして、甘納豆のように生きられもせぬ、わたくしです。


      ほろほろと生きる九月の甘納豆      坪内 稔典

 

2018年8月30日 (木)

パスポート更新

外国に旅をするのにはパスポートが必要だ。

10年前に初めて申請したパスポートだったが、すでにそれから

10年が経過しようとしている。

行先の国によってはパスポートの残存期間が6ヶ月以上ないとダメらしい。

知らなかったよ〜



と、いうことで、パスポートセンターに行って来た。

行く前に「住民票」をとるために、市役所に寄る。

市役所の係のかたが、パスポートの更新には「住民票」は不要ですよ、

と言うことだったが、心配症のわたしは兎も角ここまで来たのだからと、

「住民票」を頂いて、パスポートセンターへ。

5年の更新にするか、10年にするか、迷うことなく10年のにした。

(あと、10年も元気に生きていられるつもりらしい、わたし)


写真を撮って貰って、手続き完了。

あとは出来上がる日を待つだけ。(16000円の印紙代が要る。)


映画でも観て帰ろうかしらん、と、思ったけど時間的に都合のいいのがない。

デパ地下にも寄らずに帰宅。(エライっ)



そういえば、昭和42年に取得の免許証はすでに返納。

「運転経歴証明書」が、結構役立っている。

4年前の写真が若々しい(笑)

2018年8月22日 (水)

季節の便り⑫ クルクマの花

久留米駅構内の「地場産久留米」に珍しい切り花を売っていた。

田主丸でそだった「クルクマの花」。


クルクマはインド・タイなどの熱帯アジア原産の球根植物。

ちょっと見には、蓮の花に似ている。

ピンクや白、赤紫などあるが、本日売られていたのは、白花であった。

生姜に似た薄い大きな葉をもち、花びらに見えるのは実は苞である。





ショウガ科クルクマ属。

花言葉は、忍耐・因縁などとも…

切り花は長持ちするらしい。

タイ北部やラオスでは、仏教寺院に植えられているとか。


クルクマの花束を抱いて、37.7℃の暑っつい久留米から帰宅。

早速、水切りをして、舅と姑と母の遺影の前に飾る。

白い花が涼し気である。


それにしても、この暑さはいつまで続くのだろう。

プランターのゴーヤ・朝顔・夕顔に朝夕の水遣りは欠かせない。

朝顔の花は終わったみたいだが、夕顔のつぼみが膨らんできた。

咲くのがたのしみ。


夕顔が咲く頃はすこしは涼しくなるかしら。

2018年8月 7日 (火)

二桁算用数字を縦書きにする方法

PCに弱いというか、機器オンチのわたしは二桁算用数字を

縦書きにすることが出来なかった。

出来なかった癖に「わたしのパソコンでは二桁の算用数字は縦書きに

ならないのです。」などと、言い訳をしていたのだ。


本日の歌会で二桁の縦書き算用数字の部分を空白にしていたら

(自筆書きするため)見かねたTさんが、帰宅してから

懇切丁寧なメールを送ってくださった。


      まず横向きに39(仮の数字)を打ち込みます。

      次にその39を指定して「ホーム」の中の右の方に幅広のAの

      上に外向きの矢印が付いた「縦中横」のマークをクリックします。

      縦に表示された39の例が出ますのでOKをクリックします。


このメール通り試してみると、あらら、出来るじゃないの。

わたしは自分を褒めてやりたい。(褒められるのは、ホントは Tさん(笑))


わがやの「曜白朝顔」の孫が北九州で咲いている。

昨年、種子を M さんに差し上げたのだけど、その種子が花をつけ、

今年はMさん宅の種子を蒔き、花が咲いたのだ。(要するに、孫だね。)

メール添付の朝顔の写真を本日送ってくださり、その写真を見ていると、

なんだか嬉しい。





そういえば、ふうせんかずらの種子は随分あちこちにお配りしたものだ。

今でもふうせんかずらは健在だろうか ?  (津々浦々とまではいかないけど、

北九州、香椎、春日、久留米の地で)




もう一つ嬉しい(たのしい)ニュース。

夕顔の蔓が盛んに伸びているのだけど、リビングの窓の向こうに張った

紐に水平に夕顔の葉っぱが並んでいる。

その葉っぱがハートの形なのだ。

リビング側から逆光線でカメラに写すと、くっきりハートの形が並ぶ。

3枚から5枚、6枚、7枚となり、今朝は9枚のハートが並んだ。

毎朝カメラで写しているのだ。



今年の夏の、といっても本日はすでに立秋だが、すてきな写真になった。

2018年8月 1日 (水)

季節の便り⑪  百日紅(さるすべり)の花

久留米駅前の百日紅(さるすべり)の幼木が桃色の花を可憐に

つけていた。大きな木ではないので目の高さにその小さな花が

群がって咲いている。

        百日紅ごくごく水を呑むばかり    石田 波郷


本日の久留米の温度は37℃。

この暑さの中を皆さん出席。

教室で「塩あめ」の配給があった。(配給といっても、私が配ったのだが(笑))

合同歌集「ちっご川」の第三集の校正を皆さんとする。

誤植も訂正もなかったのが救い。ああ、1ヵ所タイトルの変更はあったけど。

あとは事務所のかたにお願いをして、9月の文化祭までには仕上げる予定。




今夜は、西日本大濠花火大会。

8時になると、ドンドンと音が聞こえて来た。

テレビでは実況中継をしている。40万人くらいの人が見物に来るそうだ。

さっき11階の踊り場まで見に行ってきたけど、綺麗。

11階だと、ビールを飲みながら部屋から眺められる、ね。

でも、高所恐怖症のわたしには無理。早々に降りて来た。






そういえば、ニュースがあった。

夕方といっても7時過ぎだが、ツクツクボウシ(法師蟬)の初鳴きを聴いた。

「ツクツクイッショウ、ツクツクイッショウ」と哀調の籠る鳴き声だった。

ふつう、この法師蟬は立秋を過ぎた頃に鳴きはじめる筈なのに…

もう、すぐそこまで〈秋〉がやって来ているのか ? 


朝方はまだクマゼミの声が盛んである。

このクマゼミの鳴き声の音量はいかほどか。

90ホーン位はありそうな……

(調べてみると、蟬の音量は70デシベルくらいだって。デシベルって

 いう単位だった。苦笑 )



明日も暑そうだ。

2018年7月24日 (火)

暑気払い

陽だまり短歌会が終わって。暑気払いということで

皆さんと飲み会。

暑いので、コミュニティバスで移動。

お寿司屋さんでの会食。


Sさんが事情あって欠席だったため、飲み方もおのずと

冴えない ?     わたしは生ビール1杯しか飲めなかった。



でも、みなさんとの団欒はすこぶる楽しいものであった。

「オレオレ電話」の撃退法や、同窓会のあれこれなど、年齢にふさわしい(笑)

話で、盛り上がった。

同窓会は「女性は幸せな人が出席し、男性は夢を求めて出席する。」には

なるほど、なるほどと納得。


お寿司屋さんのコース料理は、一品一品丁寧で洒落ていて、

何より美味しかった。


そうそう本日は、竹内文子さんの第四歌集『午後四時の蟬』(砂子屋書房)を

教材にした。

この人の歌は実にいい。皆さん、こんな歌が詠みたいと声を揃えて

言っていた。

この歌集のことは、明日にでも改めて紹介したい。

2018年7月23日 (月)

念力のゆるめば死ぬる大暑かな    村上鬼城

セミの成虫の寿命は1週間、ではなかった。

7月11日に初蝉の鳴き声を聞いて、今日は23日。

今朝もジイ、ジイと大合唱である。

街のなかの住まいとはいえ、近くのビール園の木々や街路樹で

鳴いているようだ。

セミは暑さに弱く、ストレスにも弱いらしい。

それで、昼間は鳴かないんだ、ね。(念力を使い果さないように。)


土用の丑の日にうなぎは食べなかった。

かわりにことしは、頂き物の、久喜の「うなぎおこわ」を食した。

うなぎの蒲焼きを「おこわ」にのせて、押し寿司風にしたもの。

それほど大きくはないのだが、「おこわ」なので2つも食べたら

おなか一杯。





そういえば、このところお米が減らない。

朝、2合炊いてお弁当を1つ作って、夕ごはんを食べても余る。

4月の健康診断以後、食生活を見直したことにもよるけど、2キロの体重減。

まぁ、いつまで続くことやら。(リバウンドがコワイ(笑))

        わが晩年などと気取りてあぁ暑し     池田 澄子

                           『思ってます』 より




cat          cat

P・M  9:00    なんだか月が赤く見える。

        見ていて怖くなった。

        この赤さはなんなの ?

                 酔ってはいない筈なんだけど……

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー