日記・コラム・つぶやき

2019年7月16日 (火)

月入帯食(げつにゅうたいしょく)

国立天文台の報道によると、明日の早朝に部分月食がみられ月が欠けたままの

状態で西の空に沈むそうな。それを「月入帯食(げつにゅうたいしょく)」

と呼ぶらしい。(わたしは、初めて識った言葉)ただし、東京ではみられない。

お天気次第では福岡でみられそうだ。(沖縄の方はもっと観やすい?)

時間は明日(17日)午前5時過ぎから部分食がはじまり、5時19分頃に西の空に

欠けたまま沈んでいくとか。(朝早いけど見たいなぁ。時間は福岡の場合。)

 

ところで、50年前(1969年)の7月16日、アポロ11号が月に向かって発射された日。

今、わたしの手元には7月20日、オルドリン飛行士が月面に立って地震計を据え

付けている絵ハガキ(写真)がある。ーNASA提供ーと、絵ハガキには印刷されて

いる。もう1枚はLM(月着陸船)から降りるオルドリン飛行士。撮影したのはアーム

ストロング船長。なんでこんな絵ハガキがわたしの手元にと思うけど、このハガキの

裏(宛名書きの方)には、「日立カラーテレビ・オールチャンネル」の広告が

入っている。(時代だねぇ(笑))そして、「西日本新聞社」の文字が。

勿論、ハガキは未使用だから、記念に貰ったのかしら?

 

 

さっき、月をみたけど、綺麗。

もう、満月?

この分だと「月入帯食」もみられるかな。

 

 

 

 

 

2019年7月15日 (月)

2019  博多祇園山笠 フィナーレ

15日、早朝の「追い山」を観るため出掛けた。

すでに沿道は人、人、人で溢れていた。

午前4時59分櫛田神社の大太鼓の合図とともに七流(ながれ)の舁き山が

男たちのオイッサ、オイッサの掛け声とともに博多の街を駆け抜ける。

 

今年の一番山笠は「千代流」であった。

わたしたちは東長寺のあたりの沿道で待機していたのだが、通りの向こうから

掛け声が聞こえると観衆がいっせいに拍手で迎えた。

東長寺の前には清道旗(せいどうばた)が立てられ、山笠に参加している

子供たちの誓約?(祈願?)の挨拶の声が響く。そういえば今年はどの流にも

舁き手予備軍としての子供たちの参加が多く、頭に手拭いを締め、水法被を着て、

締め込み姿である。子供たちは舁き山の先導隊?みたいな役目をしていて、

懸命に走っている。

 

5分おきに櫛田神社を出発する舁(か)き山。

七流のあとは、今年櫛田入りをする八番山笠の上川端通の大きな勇壮な

山笠が目の前に。その山笠の飾りからスモークを発射し、また一段と観客の

拍手と歓声が響く。

 

気がつけば明るくなった空。

今年も観ることができた喜び。

 

    午前四時五十九分追ひ山の太鼓の合図にをとこら燃ゆる

    くりかへすオイサオイサの掛け声の巷にみちて山笠(やま)駆け抜ける

    水法被すなはち祭りのユニホーム舁き縄を手に男ら走る

    あかつきの空にししぶく勢ひ水オイッサオイッサの声地響きす

    駆け抜けるしめこみ姿の男たちをとこにシビレ朝より酔ひぬ

 

    

    

ようよう帰宅。

ふぁ~。眠たかぁ~。

あ、外では蟬の声がしている。

    山笠から夏のはじまる博多です‥‥

 

 

 

 

 

 

2019年7月 9日 (火)

梅雨真っ只中の暑気払い

歌会が終わって、コミュニティバスで移動。「和食・寿司 ××」へ。

昨年は7月24日だったのに、今年は梅雨真っ只中の〈暑気払い〉になった。

リーダー?の T さん(男性)の面倒見がよく、またそれに応えて、飲み会好きの

皆さん全員出席。

 

   小鉢ーーー季節の小鉢三品

   お造りーーー本日のおすすめ二種盛り

   蒸物ーーー玉子蒸(餡掛け)

   椀物ーーー冷やし煮物

   変麺

   台物ーーー天然鯛の卯の花巻き

   揚げ物ーーー鱚のペシャメルソース掛け

   飯物ーーー旬のにぎり四貫と玉子二切れ

   汁物ーーー味噌汁

   デザートーーー抹茶ババロア

   コーヒー

 

生ビールで乾杯、Oさんはいきなりハイボール。(ビールは太るから?)

小鉢の「いちじく煮」が美味だった。にぎり4貫も美味しく頂いた。

焼酎のお湯割りを飲む人、ビールを飲む人、それぞれ。

ここの梅酒は特別なので、ロックで飲む方が美味しいらしく、Mさんはロック。

わたしは相変わらず梅酒のソーダ―割り。

 

話が弾み、今日はポイントカードの使い方や、どこのデパートのカードが

いいのかなど情報交換。こういったことに疎いわたしにはとても参考になる。

 

リーダーの Tさんが、もうすでに次の遊びを考えている。

秋、っていったってじきに来る。

わたしたちは諸手をあげて(笑)、即、賛成してしまう。

なんなんだ ! ! これって。

「遊びをせむとや生まれけむ……」どこからか、梁塵秘抄のムニャムニャが……

 

2019年7月 7日 (日)

季節の便り(27) あっ、初蟬 ! 

朝方、ゴーヤ―を収穫しょうとしたら、大きな虫が棚に止まっている。

なんなの ?  近づいてよくよく見るとセミみたいだ。

脱皮したばかりのような。

まだ梅雨も明けていないのにと思いつつ、ちょっと触ってみた。

とたんにさぁっと飛んで行ってしまった。そこで腰折れだが、一句。

 

  初蟬やこゑも洩らさず飛びゆけり  miyoko

 

今朝の収穫。ミニトマト21個(昨日は29個)、ゴーヤ―1本(昨日も1本)。

ついでにまだ収穫前の実を数えてみる。ミニトマト A は158個、Bは73個。

ゴーヤ―は6本(うち、明日1本収穫予定)。

毎朝ミニトマトを摘むので、ミニトマトばかり野菜室に増えてゆく。

今朝は、たくさんのミニトマトを2つに刻み、炒めて、その中に卵を3つ割り入れ、

スクランブルエッグにした。

昨夕のゴーヤ―料理。ゴーヤチャンプルばかりでは食傷するので、ゴーヤ―を2つに

開き、3等分して、合挽きを詰めて(ピーマンの肉詰めみたいに)油で焼いた。

結構、食べられた(笑)。

 

 

☆    ☆    ☆

現代短歌新聞の、藤島秀憲さんの「短歌の小道具100選」たのしみに読んでいる。

今号(7月5日発行)は、[十九]パン だった。

    *わが妻はあしたの麺麭を買ひに出づな濡れそ小さき青き自転車

                    岡井 隆『ネフスキイ』

 

上記の歌を藤島さんは「(略)明日の朝のパンを求めて雨の町に出て行く妻。(略)」と

鑑賞していたけど、「あしたの」は、朝(あした)の意味ではないかしらん。

明日のパンだとちょっと違うんだけどなぁ、と思ったりしている。

朝、焼き立てのパンを朝食用に買いに行く。(わたしは、しないけど……)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月 2日 (日)

第15回 「夕映忌」

花田俊典先生を偲ぶ「夕映忌」が、福津市勝浦のイタリア料理Enzoで開催された。

午後3時にSさんと福間駅にて待ち合わせ。皆さん揃ったところで花田先生のお宅へ。

お庭に咲いていた柏葉あじさいが先ず目についた。

以前よりももっともっとお庭に花が殖えて、今は百合の花季。あちこちに白い大きな百合の花が。

皆さんとレストランのお迎えの車が来る6時まで、ビールを飲みながら談笑。

 

会場は、Enzoの2階のオーシャンビューのお席。

本日は曇り空で夕映えはホントに絶望的だったのに、な、なんとしたことか、午後7時10分、

真っ赤な太陽が雲間より姿を見せ、みんな立ち上がって拍手。

テラスに出て、写真を撮ったり、しばし、食事を中断。

こんなことって、あるんだ、ホントに。

真っ赤な夕日は、幻みたいでもあった。

 

       花田先生のシャレた演出‥‥ Mさん

       15回忌 夕映 ひかり凪 とてもいい夕映でしたね Nさん

       恥ずかしがりやの夕映でした。 Nさん

       今年も思い出になる会でした。 Sさん

       70㎏ ?  90㎏ ?    長男君

       今年古希になります      Nさん

 

 

等々、寄せ書きをしてくださった皆様、ありがとうございました。

(お名前だけのかたの署名は掲載を割愛しました。)

 

追記 長男君の「70㎏? 90㎏?」の寄せ書きは、彼が筋肉を鍛えて、90㎏まで

   体重を増やすというので、わたしと花田夫人がダメ・ダメ 70㎏にしときなさい、と

   野次ったから‥‥かしら。(笑)

 

 

2019年5月27日 (月)

仁田峠は霧だった。

朝8時半、家を出て雲仙へ。

温泉に入りに行くのではない、ミヤマキリシマを観たくなり仁田峠へ。

もう花季は過ぎているのではとあやぶまれたが、まだまだ見所満載であった。

標高700メートル以上でしか咲かないというミヤマキリシマ(つつじ)は、花の咲く遅速があり

充分にたのしめた。

 

雲仙ロープウェーは強風のため休止。

深い霧がたちこめ、お隣の普賢岳の全容さえ見えない。

妙見岳展望所まで行くことは出来なかったけど、遊歩道からの眺め、

そしてウグイスの声に心が和んだ。

 

帰路、玉名の高瀬裏川の花しょうぶを観賞。

昨日、久留米の石橋文化センターでも花菖蒲を観たが、

髙瀨裏川の方は、観光用?に、整備されており見物客も多かった。


福岡は雨だったらしいが、道中は曇り空でたいそうな雨にもあわず、まずまずの1日だった。

明日も明後日もお出掛けなのに、こんなに遊んでいて大丈夫か、わたしよ。

 

 

 

2019年5月22日 (水)

季節の便り (26)ミニトマト成長中

2本植えているミニトマトがとうとうベランダの手摺りの高さより伸びてしまった。

 

カワイイ実をつけているので数えてみたら、Aは16個、Bは15個ついていた。

Aの方は花の塊りが9個、Bは11個あり、1塊りに実になるのが7・8個とすると150個くらいは収穫できそう。

昨年も200個ほど収穫したので、まぁまぁの感じ。

朝夕の水遣りを怠りなくしないと、萎れてしまう。

 

ゴーヤーの蔓も伸びはじめ、ネットをすでに張っているので、毎朝その蔓の水先案内人みたいなことをしている。ほどよくバランス良くネットを覆ってくれると、リビングの日除けにもなる。(今年は3本苗を植えた。そのうち朝顔も蔓を伸ばしてくれるだろう。朝顔は去年の種から。)

 

昨日、辻仁成の『愛情漂流』を買うため丸善に行ったらまだ入荷していなかった。

来週くらいになるとか。(24日発売とあとで知った。)早くドロドロした(笑)のを読みたい。

 

 

 

2019年5月15日 (水)

季節の便り(25) 楝(おうち・センダンの古名)の花

電車で久留米まで。

途中、楝の花に出遇う。あれっ、と声を挙げそうになった。

2本、3本。そして少し走るともう1本の大樹が車窓より見えた。

 

   妹が見し楝(あふち)の花は散りぬべしわが泣く涙いまだ干(ひ)なくに

                    山上憶良(巻五ー七九八)

 

大伴旅人の妻の死に対して、憶良が献上した一首。

淡いむらさき色の小さな花は華やかさから程遠く、従って気品がある。

満開だった楝の花もやがて散る、まだ散ってはいないが、必ず散ってしまう。

(せつない、悲しい歌だ。)

 

 

筑後平野は「麦の秋」であった。平和な田園風景に和んだ。

そして、本日の久留米の温度は30.6℃。

博多よりも久留米の方が暑いのは内陸部ゆえか。

汗ばむ陽気であった。

                 

2019年5月 6日 (月)

季節の便り(24)  立夏  ミニトマトの苗育つ

本日は立夏。

ミニトマトの2本の苗がぐんぐん育っている。60センチの丈になり黄色の花を

付けている。

ワサビ菜は薹が立ち、菜の花に似た黄色の花があちこちに咲き、莢をはや付け

はじめている。

傍の大きな鉢にはシャスタ―デージーの白い花がこんもりと咲いている。

その花が幾つくらい咲いているのかと数えはじめたのだけど、200まで数えて

力尽きてしまった。切り花にしたいけど、出来ない。やはりこの大鉢に咲いた

ままのを眺めていたい。

そういえば、朝顔がまだ芽生えない。(誰彼に配ったけど、蒔いたかしら。

芽が出たかしら。)

 

 

『日本の七十二候』(中経の文庫)を開いたら、「第十九候 立夏 初候」は

「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」と、あった。蛙が鳴き始める意。

 

そのページに、面白い記述があり、ちょっと引用したい。

    鳴かぬなら殺してしまえ時鳥    信長

    鳴かぬなら鳴かしてみしょう時鳥  秀吉

    鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥   家康

ホトトギスの声を待っている天下人。その3人にも性格が……

 

さて、わたしは 「鳴かぬなら〇〇〇〇〇〇〇時鳥」

〇の中はヒ・ミ・ツ というか、……これから考える。

 

 

 

 

 

 

2019年4月22日 (月)

日がな一日家事に奮闘 ?

洗濯のかたわら、掃除機をかけ、買い出しのメモをとる。

 

陽射しが強くなったので簾を天袋から取り出し、リビングの前に掛ける。

かわりに電気ストーブを仕舞い、扇風機を出しておく。

気温の変化が激しいので衣類の入れ替えも少しずつだったが、

今日は思い切って入れ替える。もう厚手のものは着ることないよね。

 

家事をしていると普段忘れていることが気になったりする。

非常用の水をケース買いしているけど、あれってどのくらい持つのかしら。

いったん使ってしまい、また配達して貰った方がいいのかな。

 

朝顔の種を蒔く。

これは昨年、種をとったわがやの曜白朝顔。

わたしの好きな白い筋の入ったピンク色。

(たくさん種が余ったので、教室の皆さんに10個ほどの小袋に。)

ゴーヤの種は水につけて1晩おくことに。

(これも多すぎるので小袋に。しかし、苗を買った方が育ちがいいかも ? )

 

U さんより電話があり、山椒の苗を明日持って来てくださるとのこと。

うれしい。でも、ベランダで育てられるかな。

 

日曜日に初めて郁子(ムベ)の花を見た。そして、春リンドウの花も。

浜大根の薄紫色の花が目に残っている。

それにしてもよく歩いたことよ。

 

大島産の乾燥フノリを水でさっと洗い、海藻サラダに。

(Sさん、ありがとう。美味しく頂いています。)



家事をするのも嫌いではない、

などと独り言ちて、家事に奮闘(笑)の1日であった。

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー